ナチズムに傾倒する10歳のドイツ少年を通して、戦争と差別の愚かしさを笑い飛ばす『ジョジョ・ラビット』

 第二次大戦下のドイツを、ひとりのドイツ人少年の目を通して描いた作品。『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督の快作です。

 10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイヴィス)は、彼にしか見えない空想上の友だちであるアドルフ・ヒトラー(ワイティティ監督自身が演じています)の助けを借りて、青少年集団ヒトラー・ユーゲントの立派な兵士になるために奮闘中。しかし心優しいジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名を付けられてしまいます。彼は母親のロージー(スカーレット・ヨハンソン)と二人暮しでしたが、ある日、家の隠し部屋にユダヤ人の少女エルザ(トーマシン・マッケンジー)がかくまわれていることに気付きます。「かくまっていることがバレたら全員死刑よ」エルザにそう脅されてパニックになるジョジョでしたが…。

 ジョジョはナチズムの信奉者。少年ゆえの純粋さから、ユダヤ人を汚らわしい、化け物のような存在だと信じ切っています。しかし同時に臆病で心優しい少年でもあり、そんな彼とエルザの交流(攻防と言うべきか)が物語の軸になります。主人公を演じたデイヴィスはオーディションで選ばれ、これが初めての演技なのですが、彼なくしてこの映画は成立しなかったと思わせるような名演技を見せてくれます。驚き、とまどい、悲しみと、ひとつひとつの表情が豊かで初々しく、観客の心を揺さぶっていきます。世間から教えられてきたことがエルザと関わることによって真実ではないことに気付き、次第に彼女に心惹かれていく姿に共感させられるのです。

サム・ロックウェルとスカーレット・ヨハンソンも好演
サム・ロックウェルとスカーレット・ヨハンソンも好演

 物語はブラックな笑いに満ちた作品として始まりますが、戦争の進展(ドイツの敗戦が濃厚となる)につれてどんどんシリアスかつ悲惨な度合いを深めていきます。そして、戦争や差別意識がいかに愚かしいものかを痛烈に訴えかけてくるのです。一つの意識に人々が洗脳されることの恐ろしさを、時にユーモラスに、時にサスペンスフルにと、テンポを変えながら軽やかに描き出した作品。

 強くて優しい母親を演じたヨハンソン、破天荒な軍人役のサム・ロックウェル、熱烈なナチス党員を演じたレベル・ウィルソンなど俳優陣はいずれも好演。音楽のセンスも抜群で、冒頭とエンディングをイギリスの超有名ミュージシャンの大ヒット曲のドイツ語バージョンで飾ったあたりは、音楽ファンならニヤリとすることでしょう。

(『ジョジョ・ラビット』は1月17日から公開)

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC