格差社会を描く衝撃作。韓国映画初のカンヌ最高賞に輝いたポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』

 カンヌ映画祭で韓国映画初の最高賞=パルムドールに輝いたポン・ジュノ(『殺人の追憶』『グエムル 漢江の怪物』)監督作品。審査員の裁定が満場一致だったというのも頷ける仕上がりの映画です。

 4人家族全員が失業中のキム一家。暮らしているのは陽の当たらない半地下の住宅です。窓を開ければ路上で散布されている消毒剤が入ってくるし、携帯電話の電波は弱く、水圧が低いためトイレが家の一番高い位置に鎮座しています。酔っ払いが窓のすぐ近くをトイレ代わりにすることも…。まさに最底辺の生活。

 そんな彼らにチャンスが訪れます。大学受験に何度も落ち続けたことによって“受験のプロ”になった息子ギウに、友人の名門大学生が「留学している間、代わりに家庭教師をしないか?」と持ち掛けたのです。相手は高台の大豪邸に住むIT企業社長パク・ドンイクの娘で高校2年生のダヘ。偽造した大学在学証明書を手にパク家を訪れたギウは、受験に関する知識を駆使、ダヘと母親の心をつかんで家庭教師に採用されます。しかも、ダヘに落ち着きのない弟ダソンがいることを知ったギウは、「もう一人、紹介したい人がいます」と言って、ダソンの美術教師として自分の妹ギジョンを推薦したのです。さらに兄妹はパク家の信用を得たことで次なる仕掛けに出て…。

 高台に住む大富豪の一家と半地下の貧乏人家族。普通なら交わることのない両者が交差し、貧しい一家は富豪に寄生(パラサイト)していくことで“人間らしい暮らし”を手に入れようとします。しかし、その先に待っていたのは想像を絶する事態でした。

 まさに“予測不可能”な展開が待ち受ける映画。ネタバレ厳禁の作品のため、ここから先のお話は語れないのですが、シニカルなコメディを思わせる幕開けから、映画のトーンは次々と変貌していくのでスクリーンから目が離せません。このあたりのストーリーテリングの妙は、ポン・ジュノ監督ならでは。撮影は「道以外はずべてセット」という大規模なオープンセットで行なわれ、それが素晴らしい効果をあげています。特に豪雨の中、高台から半地下に帰ろうとする一家の場面は壮絶。流れ落ちていく雨水が、どうしようもなく大きな両家族の格差を象徴していきます。受験がその後の人生に決定的な影響を与える韓国社会だからこそ、超えられない“壁”の存在が大きくのしかかってくるのです。

 過去にたびたび事業に失敗しながらも楽天的な性格を崩さないキム家の家長ギテクに扮するのは、ポン・ジュノ作品でおなじみの名優ソン・ガンホ。彼が見せる“心の揺れ”の演技は絶品です。

 さて、カンヌ映画祭は昨年の『万引き家族』に続いて“格差社会”をテーマにした作品に最高賞を与えたわけですが、今やこの問題は社会派映画以外でも語られる深刻な問題になっています。ハリウッドでも『アス』や『ジョーカー』といったエンタメ作品ですら、このテーマが底流に存在するのですから。映画はやはり時代を映す鏡なのです。

(『パラサイト 半地下の家族』は12月27日から先行公開中、1月10日から全国公開)

配給:ビターズ・エンド

(c)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED