ジャーナリズムとは何なのか? を、一人の女性記者を通して問いかける『i 新聞記者ドキュメント』

 先日公開されて話題を集めた社会派ドラマ『新聞記者』。そのモデルになった東京新聞の望月衣塑子記者に、『FAKE』の森達也監督が密着したドキュメンタリーです。

 ドラマの『新聞記者』では主人公は一つの事件をひたすら追いかけていましたが、現実の記者の仕事はそうではありません。この映画の撮影中に彼女が担当していたのは、「辺野古基地移設問題」「伊藤詩織さん準強姦事件」「森友問題」「加計学園問題」。こうした重要案件の取材を並行して行ない、東京から沖縄や大阪を行き来する日々。もちろんその合間には母親や妻としての日常生活もあるのですから、そのバイタリティには頭が下がります。

 話題の人である前川喜平・元文科省事務次官や籠池夫妻も登場(籠池夫人がいかにもな“大阪のおばちゃん”なのには笑ってしまいます)。望月記者の鋭い質問をひたすらに受け流す菅官房長官や彼女の発言を遮ろうとする官邸スタッフは、完全なヒールとして描かれています。

 しかし、単なる「望月記者はすごい!」という映画になっていないのが、この作品の特色。取材を続けるうちに森監督の中にはさまざまな疑問が生じてくるのです。「なぜ社会部の記者である彼女が(政治部記者でもないのに)官邸の記者会見で質問を繰り返すのか?」「疑問があれば満足できる答えを得るまで質問するのはジャーナリストとして当たり前の行為なのに、なぜ彼女だけが目立ってしまうのか?」「ひょっとすると、この国のジャーナリズムは異常なのか?」

 森監督はフリージャーナリストとしてなんとか官邸の記者会見に入ろうとしますが、うまくいきません。それどころか、カメラを持っているというだけで官邸周辺を警護している警察官からいわれない規制を受けたりもします(暴力をふるわれるわけではありませんが)。

 一人の女性記者を追っていた映画は次第に「メディアやジャーナリズムの危機」を問いかける作品へと姿を変えていくのです。「この国のメディアはちゃんと機能しているのか?」

 そこで、この映画のタイトルが意味を持ってきます。『i 新聞記者ドキュメント』。「国民」や「世間」を意味する「we」ではなく、「私」の「i(アイ)」。私たちはそれぞれの個人がそれぞれの視点で社会を、メディアが報道するものを見据えていかねばならないのだ、とこの作品は訴えているのです。

(『i 新聞記者ドキュメント』は11月15日から公開)

配給:スターサンズ

(c)2019「i-新聞記者ドキュメント-」製作委員会

ドラマ版『新聞記者』のレビューはこちらにあります