もしも世界からビートルズが消えたなら? ビートルズ愛に満ちた大人のおとぎ話『イエスタデイ』

『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティスが脚本を書き、『トレインスポッティング』のダニー・ボイルが監督した大人のおとぎ話です。

 イギリスの海辺の町サフォーク。シンガーソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は幼馴染で教師のエリー(リリー・ジェームズ)の献身的サポートにもかかわらず、まったく売れません。音楽で有名になる、という夢を捨てる決意をした時、世界的規模で原因不明の大停電が起き、その瞬間にジャックは交通事故に遭ってしまいます。

 昏睡状態から覚めた時、ジャックは奇妙なことに気付きます。誰もが知っているはずのビートルズの曲を誰も知らない! 家に帰ると、確かに持っていたはずのビートルズのレコードは消えていて、パソコンで検索しても出てこない(ローリング・ストーンズは存在していた)。どうやらこの世界にはビートルズが存在していないらしい…。

 ジャックがビートルズの曲を歌うと、ライブは大盛況。SNSも大反響で、あの有名ミュージシャン、エド・シーラン(本人が出演)が家を訪ねてきてツアーのオープニングアクトを依頼と、ジャックの周辺は激変していきます。やがてメジャーデビューの話も持ち込まれ、華やかなショービズの世界に躍り出たジャックでしたが、エリーとの距離は広がってしまい…。

“もしも世界からビートルズが消えたなら”というお話。そもそもの大停電の原因は不明のままですし、“なぜビートルズだけが消えたのか?”の理由も明らかにされません。“ビートルズがいなければ、彼らの影響で音楽を始めた人たちやカバー曲をヒットさせた人たちはどうなったの?”という疑問も出てきます(映画の中ではオアシスはいなくなっていましたが、世界的に見ればとんでもないことになっているはず)。しかし、ここは理詰めで考えるのはやめて“おとぎ話”と割り切ることにして、ボイルならではのストーリーテリングに身を任せていきましょう。

 ジャックもただ成功に酔いしれるだけではなく、他人の曲で売れてしまったことへの罪悪感、いつかは真実がバレるのではないかという不安、自分の作った曲がまったく認められないことへのいら立ちなどに苦しめられ、ただ売れ筋ばかりを追求するショービズ界のやり方に疑問を抱いていきます。そのあたりの心理描写がしっかりしているので、観客はジャックの行動に一喜一憂するのです。

 ボイル監督が「これはビートルズへのラブレターだ」と語るように、ファンなら喜びそうなシーンがいっぱい。もともとビートルズの曲は名曲ぞろいなので、新たなアレンジを加えられても聴きごたえがあり、ロシアであの曲を歌ったり、屋上でライブをしたりとオマージュを感じさせる演出もあります。中期の曲の抽象的な歌詞が思い出せなくて悩むシーンなどには大笑い。そして何より、終盤にはビートルズ・ファンなら思わず涙するような感動的な瞬間が訪れます。それは、現実社会では絶対にありえないこと。ひょっとするとカーティスもボイルも、このシーンを描きたくてこの映画を作ったのでは、と思わせるほどなのでした。

(付記)

 サントラ盤には、映画の中で完奏されなかった曲の全長版や、映画で未使用の楽曲も収められているので、映画が気に入った人は必聴でしょう。

(『イエスタデイ』は10月11日から公開)

配給:東宝東和

(c)2019 UNIVERSAL STUDIOS