映画ならではの武器を活かしてベストセラー小説を映画化した音楽映画の傑作『蜜蜂と遠雷』

 原作は直木賞と本屋大賞を史上初でW受賞した恩田陸・原作のベストセラー。しかし、映画化を打診された原作者が最初は「映画化は無謀」と思ったほど“映像化困難”と思われた作品でもありました。

 理由はそのボリュームと、登場人物の心理描写ばかりで構成された内容です。しかし、デビュー作である『愚行録』でも、一人称視点の小説の映画化を成功させた石川慶監督は、今回も小説とは違う映画独自のアプローチで映像化を成功させました。彼は脚色と編集も担当しています。

 3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として注目される芳ヶ江国際ピアノコンクール。そこに挑む4人の物語が紡がれていきます。かつて天才少女と呼ばれたものの、母親の死をきっかけに7年もの間、表舞台から消えていた栄伝亜夜(松岡茉優)。楽器店で働きながら年齢制限ぎりぎりの最後のチャンスに挑む高島明石(松坂桃李)。亜夜の幼なじみで今はジュリアード音楽院に学ぶ、人気実力を兼ね備えた優勝大本命のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)。そして今は亡き“ピアノの神様”の推薦状を持って現れた謎の少年・風間塵(鈴鹿央士)。

 登場人物は大幅に整理され、ストーリーも予選の回数を減らすなどしてカットされました。原作は「本の中から音楽が聴こえてくるようだ」と評されていて、それぞれのキャラクターの微妙な心の揺れが繊細に描かれています。しかし映画では、小説のようにモノローグを多用することはしませんでした。逆に映画ならではの強み、「実際に音楽を聴かせることができる」ことを最大限に活用しているのです。4人のピアニストが各キャラクターの演奏を担当し、ピアノの音でそれぞれの内面や気質を表現していきます。課題曲にカデンツァを付けるシーンでは、見事に各自の個性を描き分けることに成功しているのです。ピアノの音そのものが、雄弁にピアニストについて語っていく。文章ではできないことを実現したことによって、音楽映画としてのひとつの完成形となった、と言えるのかもしれません。

 ヒロイン格の亜夜を演じる松岡茉優はきわめてセリフが少なく感情の起伏もあまりない役にもかかわらず、その内に秘めた想いをしっかりと観客に伝えてくれます。鈴鹿央士は今回が俳優としてのデビューですが、ピアノとまったく縁のないところから出現した天才少年を演じてキラキラと輝いています。亜夜と塵がピアノを連弾し、“月”に関する名曲を次々に奏でていくシーンは多幸感にあふれ、ため息が出るほどの美しさです。

 共演は、斉藤由貴、鹿賀丈史、平田満、光石研、福島リラ、ブルゾンちえみ、片桐はいりら。音楽好きには見逃せない映画です。

(『蜜蜂と遠雷』は10月4日から公開)

配給:東宝

(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会