片目の視力を失いながらも戦場を駆け抜け、戦場に散った女性ジャーナリストの実話『プライベート・ウォー』

 戦場を駆け抜けた女性ジャーナリスト、メリー・コルヴィンの実話に基づく物語。

 2001年、英国サンデー・タイムズ紙の特派員として入国禁止のスリランカ・ハンニ地域に乗り込み、タミル・イーラム“解放のトラ”指導者のインタビューに成功したメリー(ロザムンド・パイク)は、銃撃戦に巻き込まれて被弾。左目の視力を失ってしまいます。しかし彼女は戦場記者として最前線に立ち続け、黒いアイパッチがトレードマークの彼女は“生ける伝説”となっていきます。

 2003年にはイラクで12年前にサダム・フセイン政権によって虐殺されたクウェート人たちの遺体を発見。09年のアフガニスタンでは地元市民に対するタリバンの攻撃を報道、11年のリビアではカダフィ政権の崩壊にも立ち会います。しかしその間、戦場で目にしたあまりにも生々しい“死”の記憶は、メリーにPTSDとして襲いかかり、彼女はアルコールとセックスに溺れ、タバコが手放せなくなっていきました。仲間のジャーナリストが爆撃で死亡したこともショックの一因になります。

 そして12年。シリアの内戦を取材中、「テロリストを爆撃している」と政府が発表している地域に、実際は28000人の民間人がいるという事実に直面したメリーは、生中継でそれを全世界に報じますが…。

 監督は『ラッカは静かに虐殺されている』などのドキュメンタリーで知られるマシュー・ハイネマン。これが初の劇映画になります。さすがにドキュメンタリーの人だけあって戦場の臨場感はものすごく、登場する兵士や難民などは本物にしか見えません(エキストラとして、実際のシリア難民も何人か出演しているのだとか)。

 壮絶なのはパイクの演技で、感情の起伏が激しく、猪突猛進的なメリーを大熱演。PTSDで苦しむシーンのすさまじさには衝撃を受けます。そして紛争の犠牲者を見つめる目から流れる涙…。そこから浮かび上がるのは、メリーを戦場に駆り立てた“怒り”です。戦場で犠牲になるのは兵士だけではなく、女性や子供といった弱い存在が大多数。しかし、正しい報道がなければ世界はそれを知ることはなく、ほとんどの人々が「自分とは別の世界の出来事」として目をそらしている…。この映画でメリー・コルヴィンという名前を知ることで、彼女のメッセージがより広く届くことでしょう。

 製作には女優のシャーリーズ・セロンも参加。アニー・レノックス(元ユーリズミックス)が手がけた新曲「Requiem for a Private War」がラストクレジットに流れ、深い余韻を残します。

(『プライベート・ウォー』は9月13日から公開)

配給:ポニーキャニオン

(c)2018 APW Film,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.