戦時中に独軍の占領下にあった英国の島を舞台にしたハートフル・ミステリー『ガーンジー島の読書会の秘密』

 本作『ガーンジー島の読書会の秘密』の舞台となるガーンジー島は、イギリスとフランスの間に位置するチャネル諸島の中の島。UK(連合王国)に正式に属していないイギリス王室保護領という特殊な位置付けのため、第二次大戦下では戦略的観点から英国政府に防衛を放棄され、イギリスのヨーロッパ地域で唯一のドイツ占領地になってしまいました。そんな特殊な環境の島を題材にしたミステリー小説の映画化です。

 1946年、戦争終結の喜びにわくロンドンで、作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)は、一冊の本がきっかけでガーンジー島に住むドーシー(ミキール・ハースマン)と文通することになります。その手紙の中にあった“読書会”の話に興味を持つジュリエット。ドイツ軍によって郵便も通信も止められ、家畜は没収、夜間外出も禁止という厳しい環境の中にあって、エリザベス(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)という女性の発案で、読書会を隠れ蓑にした秘密の会合が持たれていたというのです。しかし、やがて言い訳だったはずの読書会は、彼らの生きる希望となっていきました…。

 本と人との繋がりに魅了されたジュリエットは、このことを記事にしようとガーンジー島を訪れます。しかし、ようやく出会えた読書会のメンバーは彼女によそよそしい態度をとり、記事にすることを拒絶。しかも会の創設者であるエリザベスの姿がありません。なぜ彼女は不在なのか? 戦時中にこの島で何があったのか? 作家としての好奇心にかられたジュリエットが調査を続けるうちに、意外な真実が明らかになっていきます。

 ジュリエットは作家として成功していますが、思いを込めて書いた最初の作品はまったく売れず、男性名義で出した軽い読み物がベストセラーになったという中途半端な状況。次に何を書けばいいのかわからずにいます。だからこそ、この読書会の話にのめり込んでいくのです。一方で、アメリカ人の裕福な軍人マーク(グレン・パウエル)にプロポーズされながらも、ガーンジー島で出会ったドーシーにも心惹かれていきます。リリー・ジェームズが、そんな心揺れるヒロインを表情豊かに好演しています。

 監督は『フォー・ウェディング』のマイク・ニューウェル。実際のガーンジー島にもロケし、美しい景観の中、人々の微妙な感情の揺れを繊細に描き出します。ミステリーではありますが、謎ときよりも、人と人との心の結びつきに焦点を当てた映画。ジュリエットが読書会のメンバーに話を聞いていくにつれ、それぞれが秘めていた事実が明らかになり、ジュリエットとの絆が深まっていくのです。

 ジェームズも出演している英国の人気TV『ダウントン・アビー』から、ペネロープ・ウィルトン、マシュー・グード、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイが出演し、サーの称号を持つ名優トム・コートネイも共演。美術的には40年代イギリスの風俗が完全再現されているのも英国好きにはうれしいところ。作中に登場する本の数々や、それに対する議論なども楽しいです。

(『ガーンジー島の読書会の秘密』は8月30日から公開中)

配給:キノフィルムズ/木下グループ

(c)2018 STUDIOCANAL SAS