自分たちと同じ顔をした”邪悪な何か”が襲ってくる。『ゲット・アウト』のスタッフによるホラー『アス』

 ホラー映画『ゲット・アウト』を大ヒットさせ、アカデミー脚本賞も受賞したジョーダン・ピール監督の新作。今回も練りこまれた脚本で、観客を恐怖のどん底に叩き込んでくれます。

 1986年、カリフォルニア州サンタクルーズ。少女アデレードは両親とビーチにある遊園地に遊びに来ますが、迷子になり、ミラーハウスに迷い込みます。そこの鏡の迷路で出会ったのが、自分にそっくりな少女。アデレードの記憶はそこで途絶えてしまい…。

 そして現在。大人になったアデレード(ルピタ・ニョンゴ)は夫のゲイブ(ウィンストン・デューク)、娘のゾーラ(シャハディ・ライト・ジョセフ)、息子ジェイソン(エヴァン・アレックス)と共に夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたサンタクルーズの家を久々に訪れます。しかし、彼女にはなぜか不吉な予感がして、友人一家との集まりにも気分が乗りません。そして、その夜。アデレードたちの家の前には、自分たちの一家とそっくりな不気味な4人が現れ、襲いかかってきたのです…。

「もしも自分と同じような存在が現れ、自分に成り代わろうとして襲ってきたら?」というドッペルゲンガー的なテーマを、ピールはどんどんふくらませていきます。脚本に無駄がないのが素晴らしく、何でもないセリフや描写にも意味があり、後々の場面にちゃんと繋がっていくのには感嘆。ショック描写も容赦なく、アデレードの一家を“邪悪な分身たち”が襲う最初のクライマックスが終わるのがまだ物語の半ば、そこからお話はさらなる意外な展開を見せていくのですから。ちなみに、血まみれ残虐シーンはかなり濃厚ですので、そういうのが苦手な方はご注意を。

 こうした設定ゆえ、俳優たちは“普通の自分”と”邪悪な分身“の二役を演じ分けなければならないことになります。特にオスカー女優であるルピタの壮絶な演技は見どころ。最後の衝撃の事実まで、画面から目が離せない作品です。

(ここからはややネタバレに近い記述がありますのでご注意を。できれば鑑賞後に読むのをおススメします)

 映画を観終わると、「“あれ”は誰が何の目的で作ったのか?」とか「どういう原理で同調していたのか?」という疑問を抱く人もいるでしょう。しかし、理詰めで考えるのではなく、あの世界は一種のメタファーとして描写されたものだと思います。アデレードの一家は、友人一家ほど裕福ではありませんが、別荘を持ち、中古ながらボートを購入できるほどの余裕ある生活を送っています。それが“自分そっくりでありながら最底辺の生活を送ってきた何か”に奪われてしまうという恐怖を描くための背景なのです。そして逆の視点では、「もしも自分があちら側に生まれてきたとしたら?」という恐怖の象徴にもなるのです。貧富の差や不法移民問題が根深い今のアメリカを象徴しているホラー映画と言えるのかもしれません。

(『アス』は9月6日から公開)

配給:東宝東和

(c)Universal Pictures

ジョーダン・ピール監督の前作『ゲット・アウト』のレビューはこちら