おもちゃにとっての幸せとは何か? 人気シリーズ『トイ・ストーリー4』これが真の完結編だ!

 ウッディやバズ・ライトイヤーらのおもちゃたちと持ち主であるアンディ少年の物語は、前作にあたる『トイ・ストーリー3』できれいにまとまっていたので、続編を作るという話を聞いた時には「なぜ?」と思ったのですが、この『トイ・ストーリー4』こそが真の完結編なのでした。単なる“子供向けアニメーション”の枠を超え、“おもちゃの存在意義”を問う、哲学的な領域にまで迫った感動作です。

 大人になったアンディのもとから、おもちゃが大好きな少女ボニーに譲り渡されたウッディたち。しかし、かつてはアンディの一番のお気に入りだったウッディはあまり遊び相手に選ばれることなく、バズやジェシーとボニーが遊ぶ姿を見守る日々。ある日、幼稚園に体験入園したボニーは、ゴミ箱に捨てられていた先割れスプーンを材料にして人形を手作りし、「フォーキー」と名付けます。フォーキーは彼女の一番のお気に入りとなり、いつも手放そうしませんが、フォーキーは自分のことをゴミだと思い込み、隙あらばゴミ箱に飛び込もうとします。そのたびに、フォーキーが大好きなボニーを悲しませないためにそれを止めるウッディ。

 しかし、おもちゃたちも同行したボニー一家のキャンピングカーでの旅行の最中に、フォーキーは車の外に飛び出してしまいました。ウッディはボニーのためにフォーキーを連れ戻そうと追いかけます。そしてその行った先で、かつて心を寄せあったランプ飾りの羊飼い人形ボー・ピープと運命の再会を果たすのです。

今回のキーとなる新キャラクター、フォーキー
今回のキーとなる新キャラクター、フォーキー

 CGアニメーションとしての動きの素晴らしさは、ピクサー作品ならではの折り紙付き。本当にこういうおもちゃが存在して動いているとしか思えないなめらかさです。新キャラクターで手作り感満載のフォーキーも、何とも言えない魅力を放っています。おもちゃならではの視線で描かれたアドベンチャーにはハラハラの連続。

 しかし、物語にはそれだけでない“深さ”があるのです。それは“おもちゃにとっての幸せとは何か?”というテーマが問いかけられること。ウッディは「持ち主と共にいて、一緒に幸せな思い出を作ること」が自分にとっての幸せで、フォーキーにもそうあるべきだと伝えます。製造不良のためアンティークショップの奥で忘れ去られた存在になっているギャビー・ギャビーの願いも同じ。彼女は「子供の側にいて愛されたい」との願いから、ある過激な行動に出てしまいます。しかし、数年前に悲しい別れを体験した(この部分は映画のプロローグで描かれます)ボー・ピープは、自分の意思でアンティークショップを抜け出し、誰のものにもならず自由に生きようとしているのです。そんな彼女の生き方に触れたことでウッディもある決断をすることに…。

ウッディはボー・ピープと再会する
ウッディはボー・ピープと再会する

 今回のヒロインは、このボー・ピープ。「ヒーローの助けを必要としない自立したヒロイン」は近年のディズニー映画の傾向で、『マレフィセント』『アナと雪の女王』など(実写版『アラジン』のジャスミン姫もそういう描かれ方に変わっていました)の系譜に繋がるもの。自らの力で道を切り開くたくましい女性像を描き出しているのです。その分、「ウッディとバズの友情物語」という今まで描かれてきた部分が少なくなっていますが…。

 移動遊園地の射的の景品であるお笑いコンビのダッキー&バニー、カナダの気弱なバイク・スタントマン、デューク・カブーン(字幕版での声はキアヌ・リーヴス!)などの新キャラも個性的。音楽はシリーズを通してランディ・ニューマンが担当し、彼自身の歌声と、クリス・ステープルトンの歌が流れます。監督は本作で初の長編劇映画に挑んだジョシュ・クーリー。

(『トイ・ストーリー4』は7月12日から公開)

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(c)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.