伝説の4大怪獣激突! 怪獣王になるのは誰だ!?『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

 

巨大な怪獣同士のバトルが展開
巨大な怪獣同士のバトルが展開

 2014年のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の正統な続編。あの事件から5年後の世界が描かれています。

 世界の各地に眠る巨大生物たちを研究している特務機関モナーク。芹沢猪四郎博士(渡辺謙)は、“ゴジラは地球を守ろうとしていたのではないか”と信じていましたが、ムートーとの闘いで都市を破壊した事実は消せず、政府内にはゴジラ殲滅を唱える動きもありました。一方、5年前の事件で悲劇に遭遇し、崩壊してしまったある家族。かつてモナークに所属していた父マーク・ラッセル(カイル・チャンドラー)は妻のエマ(ヴェラ・ファーミガ)や娘のマディソン(ミリー・ボビー・ブラウン)と別れて動物学者となり、エマは巨大生物と音を通じてコミュニケーションをとる方法を模索していました。しかし、そのエマの研究を、武装テロ集団が強奪します。彼らは過激な環境保護主義者で、人間が地球環境を破壊する元凶だと考え、巨大生物たちを目覚めさせることで現在の文明を破壊しようと企んでいたのです。そして彼らは、南極に眠る“モンスター・ゼロ”と呼ばれる存在、キングギドラを復活させようとします…。

モナークでゴジラを研究する芹沢博士(渡辺謙、右)
モナークでゴジラを研究する芹沢博士(渡辺謙、右)
マディソン(ミリー・ボビー・ブラウン)と母のエマ(ヴェラ・ファーミガ)
マディソン(ミリー・ボビー・ブラウン)と母のエマ(ヴェラ・ファーミガ)

 すでに伝えられているように、今回はゴジラ以外にもキングギドラ、モスラ、ラドンなどが登場。空に海に陸に激しい大怪獣バトルが繰り広げられます。その迫力は、まさにモンスター級。巨大怪獣の激突の前では人間がいかに無力な存在であるのかがこれでもかと強調され、絶望感すら漂ってきます。ここに描かれるのは神話の時代の怪獣たちの、力による覇権争いなのです。

南極から出現するキングギドラ
南極から出現するキングギドラ

 しかし、単に怪獣同士の闘いを描くだけでなく、人間たちのドラマもしっかり描き出しているのがハリウッド大作ならでは。5年前の悲劇で引き裂かれてしまったラッセル一家の物語に焦点が当てられ、TV『ストレンジャー・シングス』で人気を集めたミリー・ボビー・ブラウン扮する娘のマディソンが、地球の運命を左右するキーパーソンになるのです。そしてゴジラに深い関心を持つ芹沢博士とゴジラの関係にもある決着が。

メキシコの火山から復活したラドン
メキシコの火山から復活したラドン

 今回の映画ではモスラの出現場所がインファント島ではなく中国の雲南省(だから小美人は出てきません)、モナークの考古学者役でチャン・ツィイーが出演するなど、あからさまに中国寄りの部分が目立ちますが、前作の脚本も担当したマイケル・ドハティ監督(本作でも脚本を担当)は、相当なゴジラ・ファンで、日本版ゴジラへのリスペクトも忘れてはいません。ここぞという時には伊福部昭作曲のテーマ曲が流れますし、渡辺謙扮する芹沢博士の描写にもかなりのウェイトが置かれているのですから。謙さんには日本語のセリフもあって、そのシーンはかなり感動的。

中国の奥地で目覚め、さなぎを経て成虫になったモスラ
中国の奥地で目覚め、さなぎを経て成虫になったモスラ

 ところでこのシリーズは、17年の『キングコング:髑髏島の巨神』とも世界観を共有する“モンスター・バース”という作品群の一部。次回作は20年公開予定の『ゴジラvsコング』(原題)となっており、そちらにはミリー・ボビー・ブラウンやチャン・ツィイーらが引き続き出演、日本人キャストとして小栗旬が加わっています。

(『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は5月31日から公開)

配給:東宝

(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.