日本が戦後初めて経験する”戦争”の結末は? かわぐちかいじ原作コミックの実写映画化『空母いぶき』

秋津(西島秀俊)と新波(佐々木蔵之介)の対比も見どころ

 原作は、かわぐちかいじ(『沈黙の艦隊』)の同名コミック。現在も連載中の作品のため、映画は24時間の出来事として再構成され、原作とは違ったエンディングを迎えます。コミックでは自衛隊が交戦する相手は中国軍なのですが…。

 近未来の20XX年、12月23日未明。沖ノ鳥島の西方、波留間群島初島に漁船を装った国籍不明の武装集団が上陸、近海に急行した海上保安庁の巡視船からの連絡も途絶えてしまいました。わが国の領土が占領された! 海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛艦隊群に出動を命じます。その旗艦こそ、戦後初の航空機搭載型護衛艦〈いぶき〉でした。計画段階から「専守防衛に空母は必要か?」と議論の的となり国論を二分してきた存在。その艦長は航空自衛隊出身の元エースパイロット・秋津竜太一佐(西島秀俊)、それを補佐する副長は海上自衛隊生え抜きの新波歳也二佐(佐々木蔵之介)でした。現場海域に向かう〈いぶき〉ですが、そこで彼らを待っていたのは敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃。さらに針路上には空母艦隊までもが姿を現し、敵戦闘機隊も迫り来る事態に。ついに政府は「防衛出動」を発令しますが…。

 映画版での敵は、3年前に建国された新興海洋国家「東亜連邦」という設定になっています。これが海外の映画だったならば、ここから派手な戦闘シーンに突入するところですが、そうならないのが日本の自衛隊ゆえの特殊な事情。あくまでも「専守防衛」が原則なので、先制攻撃も殲滅戦もできないのです。しかも政府からは「外交交渉に影響する戦闘は回避されたし」という指示も来ます。そんなハンディキャップマッチのような状態で、彼らはどう闘うのか…?

ふたりの記者(本田翼と小倉久寛)が乗艦していたことで状況が変わっていく
ふたりの記者(本田翼と小倉久寛)が乗艦していたことで状況が変わっていく

 原作にないシチュエーションとして、〈いぶき〉には、訓練航海の取材のため、ネットニュースの記者(本田翼)と新聞記者(小倉久寛)が乗り込んでいたことになっています。隔離されてしまった二人は、なんとかこの事実を報道しようとするのです。さらに、クリスマスにわく下町のコンビニ店長(中井貴一)のエピソードなども挿入され、こうした一般市民の視線を加えることによって物語に膨らみを持たせています。

 原作者が監修しているため、ミリタリー描写はリアリティあふれるもの。藤竜也、村上淳、戸次重幸、市原隼人らが扮する〈いぶき〉乗組員、玉木宏、高嶋政宏ら潜水艦や護衛艦の艦長も男臭い魅力にあふれています。岩代太郎の音楽に乗せて描かれる緊迫した戦場の様子は手に汗にぎるもの。常に冷静で胸の内を決して表そうとしない秋津と自分の信念に従おうという人間味あふれる新波の対比も、ドラマを盛り上げていきます。

果たして〈いぶき〉の運命は?
果たして〈いぶき〉の運命は?

 内閣総理大臣・垂水慶一郎に扮するのは佐藤浩市。インタビューでの発言の一部だけが切り取られ、不当な批判にさらされていましたが、それが的外れであることは映画を観れば一目瞭然です。実在の政治家を揶揄したものなどではなく、体調不良であっても現実に向き合い、あくまでも「自衛」を貫こうとする信念を持った政治家を演じているのですから。その証拠に、彼は会見の際に下を見て原稿を棒読みしたりすることなく、カメラを(つまり国民を)見据えて、自らの言葉で誠実に語ろうとしているのです。そういう意味では現実離れしていると言えるのかもしれませんが(笑)。政府関連では他に吉田栄作、益岡徹、中村育二らが、ネットニュース社では斉藤由貴、片桐仁らが共演しています。監督は『沈まぬ太陽』の若松節郎。

(『空母いぶき』は5月24日から公開)

配給:キノフィルムズ

(c)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ