「自分たちは特別」と思い込んだ学生が引き起こした間抜けな強盗事件を描く実話『アメリカン・アニマルズ』

老人に変装して強盗に向かう大学生たち

 実話の映画化は多いですが、この映画『アメリカン・アニマルズ』が異色なのは、冒頭で「実話に基づく(Based on a True Story)」ではなく、はっきりと「これは実話である」と言い切っている点です。このあたりがドキュメンタリー出身のバート・レイトン監督(これが初のドラマ)のこだわりなのでしょう。

 2004年、ケンタッキー州トランシルヴァニア大学の図書館で窃盗事件が起きました。盗まれたのは図書館に収蔵されているジョン・ジェームズ・オーデュポンの画集「アメリカの鳥類」。時価1200万ドルという超高価な本です。その犯人は、なんと4人の大学生なのでした。

これが問題の本「アメリカの鳥類」
これが問題の本「アメリカの鳥類」

 退屈な大学生活を送るウォーレン(『X-MEN/アポカリプス』のエヴァン・ピーターズ)とスペンサー(『ダンケルク』のバリー・コーガン)は、自分が周りの人間と同じ普通の大人になりかけていることに嫌気がさしていました。そんなある日、大学の図書館にある稀覯本の存在を知った彼らは、それを盗み出して大金を手に入れたら“特別な人生”を送ることができる、と考えるようになります。彼らは内気なインテリのエリックとすでに実業家として成功していたチャズを仲間に引き入れ、強盗計画を練り始めますが…。

 なにしろ犯罪の経験などない普通の大学生ですから、計画も『オーシャンズ11』『スナッチ』『レザボア・ドッグス』など映画を参考にするなどいいかげんなもの。短絡的な動機と杜撰な計画の果て、ついに迎えた決行の日には、彼らの前に次々と予想外の事態が発生してしまうのです。

 俳優たちによるドラマ部分と並行して、実際の犯人本人も登場して当時を回想するという再現ドラマ的な演出。さらにレイトン監督は、犯人たちと俳優を同じ場面に登場させるという驚くべき表現も見せています。しかも“実話”なので、犯人たち4人の言い分を忠実に映像化。だから同じ場面でも、それぞれの立場によって見えるものが違ってきたりもするのです。「事実だからといって、どれが真実かはわからない」というのはいかにもドキュメンタリー作家らしい視点です。

 そしてこの映画が描き出すのは若者ゆえの焦燥感。「普通ではいやだ。何か特別な存在になりたい」欲求です。「自分は他の連中とは違う」と信じたいという思い、いわゆる「オンリーワン信仰」の行きついた先が、この犯罪計画だったとも言えるのです。実力の伴わない思い込みだけの行動が、どんな結果を呼び込んでしまうのか…? この部分は、観客すべてが“他山の石”として共有すべき感覚なのではないでしょうか。

(『アメリカン・アニマルズ』は5月17日から公開)

配給:ファントム・フィルム

(c) AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018