一つの交通事故が人々の運命を狂わせる。そして意外な結末が…水谷豊監督の『轢き逃げ-最高の最悪な日-』

 名優・水谷豊の『TAP-THE LAST SHOW-』(17)に続く監督第2作。ある地方都市で起きた交通事故をきっかけに、絡み合う人間模様をサスペンスと情感たっぷりに描き出しています。

 大手ゼネコンに勤める宗方秀一(中山麻聖)は、副社長令嬢の早苗(小林涼子)との結婚を間近に控えた若きエリート。しかし、車で結婚式の打ち合わせに急ぐ途中で、一人の女性をはねてしまいます。助手席にいた、学生時代からの親友で同僚の森田輝(石田法嗣)の「誰も見ていない…」という囁きに、思わず車を急発進させた秀一は、その場を逃げ去りました。ニュースで女性の死亡を知った秀一と輝は、そのまま何事もなかったかのように振舞おうとしますが…。

 最初は轢き逃げの加害者側の視点でサスペンスフルに描かれるドラマは、途中から被害女性の両親(水谷豊と檀ふみ)の慟哭の描写に転じ、さらに捜査に当たる刑事(岸部一徳と毎熊克哉)の視点も加わっていきます。やがて、単純な轢き逃げ事件と思われた事態は、意外な方向に進んでいくのです。

 水谷自身が執筆したオリジナル脚本が見事で、何気ない日常があっさりと崩れ去っていく様子を、細やかな描写の積み重ねの中に描いていきます。そこには人間の悔恨、怨み、無念、嫉妬、怒りなどさまざまな感情が渦巻き、やがて大いなる贖罪へと到達するのです。美しいラストシーンは、余韻を残して感動的。

 水谷自身が演じる、一人娘を奪われた平凡な父親の喪失感もすさまじく、『相棒』シリーズの右京さんとはまったく別人の弱々しさ。こうした引き算の演技ができるのも名優の証明。岸部一徳の飄々とした老練な刑事も味があり、これは水谷監督が岸部が演じることを前提にして作り上げたキャラクターなのだとか。

 主役である轢き逃げ犯の二人は、若者らしい生っぽさを重視するため、既成の有名俳優を使わず450人を超える応募者の中からオーディションで選出。前作の『TAP』で演技経験のないダンサーたちを起用した水谷監督らしいチャレンジです。日本映画では初のドルビーシネマによる撮影が行なわれ(音響もドルビーアトモスを採用)、陰影豊かな画面の質感を求めるなど、新しい試みも行なわれています。

(『轢き逃げ-最高の最悪な日-』は5月10日から公開)

配給:東映

(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会