呪われた遊園地から逃げ出せない…実際のとしまえんで撮影された北原里英主演のホラー『映画 としまえん』

 東京都内に実在する老舗の遊園地・としまえんが全面協力。シーンの90%以上を実際のとしまえんの園内で撮影したホラー映画です。主演は『サニー/32』でも鬼気迫る熱演を見せた北原里英。NGT48卒業後、初の主演映画になります。

女子グループの人間模様がキーポイント
女子グループの人間模様がキーポイント

 大学生の早希(北原)は、留学を前に高校時代の仲良しグループに再会、思い出話に盛り上がった後、一緒にとしまえんに遊びに行くことになります。そこでグループの一人が「“としまえんの呪い”って知ってる?」と言い出したのが恐怖の始まり。それは「古い洋館の扉を叩くな。お化け屋敷で声をかけられても返事をするな。秘密の鏡を覗くな。それを破ると秘密の場所に連れて行かれてしまう」というものでした。一人が冗談半分に洋館の扉を叩いた時から、怪異現象が彼女たちを襲い、園内から出られないまま一人また一人と姿を消していくことに。怯える早希たちの前に姿を現したのは、高校時代に突然行方不明になった早希の幼なじみ由香でした…。

 ホラー映画といっても血まみれの殺戮シーンといった残虐な見せ場はなく、どちらかと言えば「怪談映画」といった雰囲気。閉園後で人のいない夜の遊園地が醸し出す、なんとも言えない不気味さが全編に漂っています。

夜の遊園地から逃げ出すことができない…。
夜の遊園地から逃げ出すことができない…。

 呪いに翻弄されるメンバーを演じるのは、これからが期待される若手女優たち。『ひよっこ』の寮長役で注目された小島藤子、元SUPER GIRLSの浅川梨奈、『賭ケグルイ』の松田るか、本作で本格的映画デビューとなったさいとうなり。キーパーソンの由香を演じるのは『特命戦隊ゴーバスターズ』でイエローバスターを演じ、声優としても『ラブライブ! サンシャイン!!』で活躍する小宮有紗です。

 ところで、この映画で真に恐ろしいのは、“としまえんの呪い”よりも、むしろ女子高生たち仲良しグループ内の人間模様なのです。仲間外れにされたくない、一人ぼっちになりたくないという思いを利用した陰湿ないじめ。自身が誰かをいじめているということにすら無自覚な行為。そんな、どこにでもあるような友人関係の歪みが陰惨な結果を招いてしまう恐ろしさ、極限状態に追い込まれた人間のエゴを映画は描き出しています。

 監督・脚本は『鉄道員(ぽっぽや)』や『半落ち』などの助監督を経て本作が長編映画デビューとなる高橋浩。俳優としても活躍中のヒップホップ・ミュージシャンYOUNG DAISがユーチューバー役で登場、竹中直人も用務員の役で顔を見せています。

(付記)

 映画の公開に合わせて、現在、実際の遊園地内のお化け屋敷が映画仕様になっています。

(『映画 としまえん』は5月10日から公開)

配給:東映ビデオ

(c)2019東映ビデオ

北原里英が拉致監禁される映画『サニー/32』のレビューはこちら