終戦直後のギャンブラーが現代に!? 「確信犯」的遊び心にあふれた奇天烈コメディ『麻雀放浪記2020』

 公開前にマスコミ向けの試写は一切行なわない、という宣伝方針で話題を呼び、さらに出演者の一人であるピエール瀧が逮捕されたことによる公開の是非の論議、撮り直しをせずノーカットでの公開の発表と、映画の内容以外の部分で語られてくることが多かった作品。その実物は想像を超えた怪作。かなり奇天烈な(ツッコみどころ満載の)コメディなのでした。

 1945年、戦後の混乱期。ギャンブルにわずかな金を賭け、すさんだ日々を送っていた坊や哲(斎藤工)は、ある日、目覚めると2020年の東京にいました。そこは少し前に戦争があり、それに敗戦したことで東京オリンピックが中止になった世界。マイナンバーによる徹底した管理が行なわれ、憲法改正で自衛隊は軍隊化しようとしています。またAIの大幅導入により労働環境も激変し、スラム街が出現していました。そんな状況にとまどう哲は、「AIの優秀さを示す」という政府の方針によって開催される「人間対AIの麻雀対決」という国策イベントに参加ことになるのですが…。

昭和20年に雀卓を囲む哲たち
昭和20年に雀卓を囲む哲たち

 原案:阿佐田哲也とありますが、氏の著書「麻雀放浪記」からは一部のキャラクター(主人公の哲、ドサ健、出目徳、麻雀クラブのママのゆき、女衒の達)とエピソードを借りただけのまったくの別もの。いや、それ以前に「麻雀映画」と呼んでいいかもかなり疑問です。確かに闘牌シーンは多いですし、クライマックスは「麻雀オリンピック」なるイベントなのですが、ギャンブルを題材にした映画につきものの、「相手の手を読み、駆け引きをしながら勝負に挑む」という描写がほとんどないのですから。それでいて、和田誠監督版の映画『麻雀放浪記』には多大なるオマージュが捧げられています(戦後の焼け跡の場面をミニチュアで撮影、哲にゆきがイカサマを仕込むシーンの再現、など)。全編をiPhone8で撮影するという大胆な試みが行なわれ、それによって今まででは考えられなかったアングルでの画作りが可能になり、画面に躍動感も加えています。

ドテ子(もも)は哲(斎藤工)の世話をする
ドテ子(もも)は哲(斎藤工)の世話をする

 監督は『孤狼の血』の白石和彌。斎藤工の振り切った演技もあって(なんと、哲はふんどし姿で人気スターになり、ふんどしブームが到来!)、異常なエネルギーがみなぎった映画になっています。「戦後すぐのアウトローが見た“現代(しかも現状とは少し違う)”」というのがひとつのテーマ。情報化で便利になっているが、麻雀は賭けではなくなりノーレートの健全なお遊びに。ネットアプリで行なう麻雀からは目の前の相手の息吹が感じられず、セックスもVRを使ったものになっている。なにかあったらとにかく「謝罪会見」。政府に管理され、覇気も自由も失った今は、何もなかった戦後に比べて本当に恵まれているのだろうか? 「あの頃に帰りたい」とつぶやく哲の言葉が印象的です。

右が高性能AIの雀士ユキ(ベッキー)
右が高性能AIの雀士ユキ(ベッキー)

 共演者ではヒロインの地下アイドル、ドテ子役に抜擢されたもも(姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンのヴォーカル)が好演を見せています。ベッキー、的場浩司、小松政夫がそれぞれ1945年と2020年のキャラの二役を(彼らがなぜ同じ顔をしているかの説明がないので「実は夢オチなんじゃ…?」と最初は思っていました)。ベッキーをAI雀士に配したのは大成功。拝金主義の芸能プロ社長は、相変わらずテンションの高い竹中直人です。

 全体的にチープな画作りがされていて、ギャグも俗悪だったり下ネタ系だったりするので、かなり好き嫌いが別れそうな映画ですが、こうした部分はかつてアナーキーだった頃の東映の映画が持っていたものでもあります。冒頭に『仁義なき戦い』風の画面とナレーション(伊武雅刀)を入れ、そのバックに『博奕打ち 総長賭博』の曲を流すあたりも含め、「東映の映画である」ということをもネタにしているのかもしれません。あらゆる意味で「確信犯」的な遊び満載の作品なのです。

(『麻雀放浪記2020』は4月5日から公開)

配給:東映

(c)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

白石和彌監督作『孤狼の血』のレビューはこちら

白石監督作『サニー/32』のレビューはこちら

白石監督の『日本で一番悪い奴ら』のレビューはこちら