白人至上主義の過激派団体に黒人刑事が潜入捜査!? 嘘のようなホントの話『ブラック・クランズマン』

 嘘のような本当の話、というのはたびたび映画の題材として登場しますが、その中でもこれはかなり強烈。なにしろ人種差別が色濃く残る1970年代のアメリカで、黒人刑事がこともあろうに白人至上主義の過激派団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査を試みた、という奇想天外なお話なのですから。

 コロラド州コロラドスプリングス。一人の黒人青年ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)が警察署の門を叩き、この街で初めての黒人警官が誕生します。黒人政党ブラックパンサーの集会への潜入任務などを行なううちに、人種差別の現実を思い知らされるロン。白人警官による黒人へのいやがらせなどが日常化していたのです。

 そんなある日、ロンはKKKの人員募集の新聞広告に目を止めます。そこに記された番号に電話を掛けたロンは、白人になりすましてKKKコロラドスプリングス支部のウォルター(ライアン・エッゴールド)と会話し、白人以外はすべて嫌っているという話を大げさにして気に入られ面接を受けることに。この話を聞いた署内は騒然とします。「KKKに黒人がどうやって会うんだ?」

 ここでロンはとんでもないアイディアを出します。「俺は電話担当。白人刑事をもう一人用意し、彼が連中と会うんだ」そこで白羽の矢が立ったのがフリップ・ジマーマン刑事(アダム・ドライバー)。かくして二人一役による危険な潜入捜査が始まるのでした…。

 製作・監督・脚本は『ドゥ・ザ・ライト・シング』など人種問題に切り込んだ名作の数々を作り上げてきたスパイク・リー。本作でカンヌ映画祭グランプリとアカデミー脚色賞を受賞していますが、それも納得のストーリーテラーぶりを見せてくれます。実際の出来事が起きたのは1978年でしたが、その時代を70年代半ばに置き換え、当時全盛だったブラックカルチャー(「ブラック・イズ・ビューティフル」などのブラックパワー運動)を前面に押し出し、世相をカリカチュアしているのです。「ファンキーかつクールな黒人とおマヌケな白人」という図式ですね。全編にユーモアがあふれ、コミカルなシーンが連続。しかも潜入捜査もの特有のサスペンスフルな盛り上げも忘れません。フリップをユダヤ人に設定することで、自らのルーツに無頓着だった彼がそれを自覚するシーンも描き出されています。

 そして全編からあふれ出しているのが、差別に対する怒りです。70年代のアメリカを戯画化して笑いとともに楽しんでいた観客は、最後に「今」のアメリカの現実を突きつけられることになります。今もなお白人至上主義者たちは堂々と集会を行ない、その標的はメキシコ移民やイスラム教徒にまで広がっているのです。現在のトランプ大統領の支持者こそ、そういった人々。そもそも「アメリカ・ファースト」も「メイク・アメリカ・グレート・アゲイン」も、KKKが使っていたフレーズなのですから。「まだ、何も変わっちゃいないんだ」という憤りが伝わってくる力強い映画です。

 主人公ロンに扮したジョン・デヴィッド・ワシントンは、あのデンゼル・ワシントンの息子。アグレッシブなのか茫洋としているのかとらえどころのない演技を見せ、名優の遺伝子を感じさせます。口八丁ぶりもお見事。実際の潜入担当フリップ役のドライバーも、『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レンよりもこういう役がお似合いのような気がします。KKKの最高幹部デビッド・デュークを演じるのは『スパイダーマン3』のトファー・グレイスで、ハリー・ベラフォンテやアレック・ボールドウィンも出演。ラストを飾るのは、今はなきプリンスの歌声。そういえばスパイクは彼のPVを監督していたのでした。

(『ブラック・クランズマン』は3月22日から公開)

配給:パルコ

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.