愛に殉じた女と愛を捨てた女の対決を描く英国歴史絵巻『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

エリザベス(マーゴット・ロビー)とメアリー・スチュアート(シアーシャ・ローナン)

 今年に入って、『ヴィクトリア女王 最期の秘密』『女王陛下のお気に入り』と、英国王室を題材にした映画の日本公開が続きましたが、本作も含めて幸福そうな女王が一人もいないという点に、男性優位の時代にあって女性が国を統治することの困難さを考えさせられます。

 本作の主人公は悲劇の女王として知られるスコットランド女王メアリー・スチュアート。イングランド女王エリザベス一世と対比させる形で、彼女の生涯が描かれていきます。

 激動の16世紀。スコットランドでカトリックとして生まれ、生後6日でスコットランド国王に即位させられたメアリー・スチュアート(シアーシャ・ローナン)は、身の安全のため幼少のころからフランスに渡り、フランス王太子と結婚、16歳でフランス王妃になります。しかし18歳で夫を亡くし、母国へ戻ってスコットランド女王に復位することに。けれど、プロテスタントの臣下たちはカトリックの女王に反発。国内は争いが続くことになります。

 一方で、メアリーが正当なイングランド王位継承権をも持っていることでイングランド国内も動揺。エリザベス女王(マーゴット・ロビー)の周囲は緊迫した空気に包まれます。そんな中、エリザベスは天然痘にかかってしまい生死の境をさまようことに…。

 従妹同士でありながら、生まれた時からライバルであることを運命づけられたメアリーとエリザベス。その生き方はあまりにも対照的でした。恋に落ちたダーンリ卿(ジャック・ロウデン)と結ばれ、彼との間に息子ジェームズをもうけて女性としての喜びにひたるメアリー。しかし宮廷内に渦巻く陰謀はそんなささやかな幸せを許さず、夫は謀殺され、臣下のボスウェル伯(マーティン・コムストン)との再婚を強要されることに。これが逆効果となり、国民はメアリーが夫を殺したという噂に乗せられて退位を要求してくるのです。

 エリザベスの方はというと、王位を守り、イングランドの地位を盤石のものにするために、あえて結婚することを拒否。愛を捨ててでも国のために生きることを選びます。

 女優二人の演技合戦が、この映画の最大の魅力。シアーシャは華やかで美しく、情熱的に生きたメアリーを熱演。時に思いが暴走し、短慮ゆえの過ちから窮地に陥ることもある女性としてのもろさや、女王としての責任に向き合おうとする強さを、繊細に演じています。マーゴットの方はというと、女優としての美しさを封印。天然痘で病み崩れた姿をあえてさらすなどして、堂々たる女王の貫禄をにじみ出しているのです。

 そして映画は、女王同士が直接対面して秘密会談を行なうという、史実にないフィクションならではのクライマックスに向かっていきます。これは後年、歴史学者が発見したメアリーとエリザベスの往復書簡をもとにして作り上げられたもので、歴史上では敵対していたと言われる二人は、実はお互いを理解し、強い連帯感で結ばれていた、というもの。そんな中での直接の会話。絶対的に優位な立場のエリザベスに助けを求める形のメアリーですが、その渾身の訴えは時にエリザベスを圧倒し冷静な彼女を揺るがせていきます。ここでの二人の火花が散るような緊迫感あふれるやりとりが、最大の見どころ。いま旬の女優たちの名演から目が離せません。

(『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は3月15日から公開)

配給:ビターズ・エンド

(c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.