空腹時鑑賞注意! 斎藤工主演のグルメ映画『家族のレシピ』食の記憶は国境を越えて家族を結びつけていく…

 映画監督としても才能を発揮する斎藤工が、シンガポールの巨匠エリック・クー監督と組んだ映画。

 彼が扮する真人は、日本人の父(内藤剛志)とシンガポール人の母(ジネット・アウ)の間に生まれ、10歳までシンガポールで暮らしていました。母は20数年前に病死し、今は高崎市で父や叔父(別所哲也)とともに人気のラーメン店を営んでいます。母を亡くして以来無口になった父とは、同じ家に住みながらほとんど会話のない日々。

 そんなある日、父が急死。葬儀を終えた真人が見つけたのは、母が遺した日記と写真、そしてシンガポールに住む母の弟からの手紙でした。母と祖母の間に何らかの確執があったことを知った真人は、若き日の両親の足跡を追うために、シンガポールに向かいます。

 映画は現地在住のフードブロガー(松田聖子)の協力を得て親族の行方を探す真人の姿と、若き日の父と母が出会って愛を育んでいく姿を交互に描いていきます。やがて真人は日本とシンガポールの間に存在する痛ましい過去の悲劇が、母と家族を引き裂いたことを知るのです…。

若き日の両親(ジネット・アウと内藤剛志)の姿も描かれる
若き日の両親(ジネット・アウと内藤剛志)の姿も描かれる

 冒頭のタイトルバックから美味しそうなラーメンが調理されていく過程が描き出されています。“食”がテーマの映画だけに、「食テロ映画」とでも呼びたい映像のオンパレード。チリクラブ、チキンライス、フィッシュヘッドカレーなどから家庭料理まで、シンガポール・グルメの数々が数分ごとに映し出されていき、観客の食欲を刺激するのです。中でも重要な位置を占めているのが、豚の骨付きあばら肉をニンニクや胡椒とともにじっくり長時間煮込んだバクテー(肉骨茶)。中国系シンガポール人のソウルフードと言える料理で、シンガポールでは知らないものがいないコメディアンであるマーク・リーが扮する、真人の叔父ウィーの経営する店の看板料理でもあります。そしてこのバクテーこそ、幼い頃に真人が食べた思い出の味であり、母が料理してくれたものを再現しようと長年試みてたどりつけなかった味だったのです。やがて真人は、日本人を拒否する祖母のために、シンガポールと日本のソウルフードであるバクテーとラーメンを合わせた新たな料理を作ることを決意します。

 家族の思い出は代々受け継がれる“味”と共にあり、美味しい料理は国境を越えて人々の心を結びつけることもできる。不幸な歴史も愛情あふれる料理によって乗り越えられるのではないか…。そんな願いを感じさせてくれる映画です。

 ただし、観ているとお腹がすいてくるので、空腹時の鑑賞にはお気をつけください(笑)。

(『家族のレシピ』は3月9日から公開)

配給:エレファントハウス/ニッポン放送

(C)Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale