史上最悪の無差別銃乱射事件の現場に観客を放り込む、72分ワンカットの衝撃作『ウトヤ島、7月22日』

 治安が安定した福祉国家として知られたノルウェーで、2011年7月22日、悪夢のような出来事が起きました。首都オスロの政府庁舎前で、駐車中の車に仕掛けられた爆弾が爆発。周囲のビルのオフィスや店舗を破壊し、8人が死亡しました。その数時間後、今度はオスロから40キロ離れたウトヤ島で無差別銃乱射事件が発生。サマーキャンプに訪れていた10代の若者など69人の命が奪われたのです。この77人という犠牲者は、単独犯の犯行としては史上最多のもの。ノルウェーにおける戦後最悪の大惨事になったのです。

 この『ウトヤ島、7月22日』は、『ヒトラーに屈しなかった国王』のエリック・ポッペ監督が、生き残った人々の証言をもとに、「あの時、ウトヤ島にいた若者たちに何が起きたのか」を再現した映画です。

 当時ウトヤ島で行なわれていたのは、ノルウェー労働党の青年部のサマーキャンプ。政治に関心のある数百人の若者が集い、キャンプファイヤーやサッカーを楽しみながら政治を学び、国の将来について語り合うという催しでした。主人公にあたる少女カヤ(アンドレア・バーンツェン)は、キャンプ場でふとしたことから妹エミリア(エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン)と口論。その後、集会場で仲間と合流し、オスロで起きた事件について話し合っていました。そんな時、遠くから爆発音のような音が聞こえ、数人の若者たちがこちらに猛然と走ってきます。「逃げろ!」誰も状況が把握できないまま、逃げ惑うカヤたち。その音は銃声だったのです。若者たちは、ある者は森に向かって走り、ある者は木陰に身を隠そうとします。そんな中、妹の身を案じた彼女はキャンプ場に向かうのですが…。

 犯人は排他的な極右思想の持主で、当時32歳のブレイビクという男。動機は「積極的に移民を受け入れている政府の方針に対する反発」で、若者の政治に対する関心が高く、議論も盛んなノルウェーにあって「民主主義の象徴」である集いを狙った悪質な犯行でした。奇しくもこの映画と同時期にポール・グリーングラス監督(ジェイソン・ボーン・シリーズ)が発表した配信用ドラマ『7月22日』では、そうした背景や事件後の様子も描かれ、問題を大局的にとらえようとしています。しかし、本作はそのような客観的な描写を排し、あくまでも「現場での出来事」にこだわっているのです(ドキュメンタリーではないので、キャラクターはフィクションですが)。

 その象徴が、本作最大の特徴である「72分間のワンカット撮影」。実際に事件の開始から終結までに経過した72分間をリアルタイムで、カメラはただひたすらにカヤの姿を追い続けていきます(POV映画ではないので、カヤの視点ではない)。狙撃者は何人いるのか、どこに逃げれば安全なのか、妹はどこにいるのか…。一切の情報のないまま、死体や傷ついた人々の間を走る恐怖と絶望。その息づかいをカメラはとらえていくのです。カット割りや回想シーンなどを混ぜることなく、劇伴音楽も使われないことによって、生々しさは増大。実際に犯人が映るカットがわずかしかないのもリアルです。

 テロの渦中にあって、若者たちは何を考え、どう行動したのか。あまり語られることのない「災害の真っ只中での人々の心理」を徹底的に追求し、観客を惨劇の渦中に放り込む意欲作です。

(『ウトヤ島、7月22日』は3月8日から公開)

配給:東京テアトル

Copyright (c) 2018 Paradox 

エリック・ポッペ監督の前作『ヒトラーに屈しなかった国王』のレビューはこちら