巨大都市が荒野を疾走し、空中戦も大迫力。P・ジャクソン製作・脚本の『移動都市/モータル・エンジン』

 大規模な戦争後の荒廃した未来世界が舞台で主人公が女性ということで、ほぼ同時期公開の『アリータ:バトル・エンジェル』と似たような印象を受け、その陰に隠れそうな心配をしてしまいますが、決して無視していい映画ではありません。

 この『移動都市/モータル・エンジン』の製作・脚本は『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のピーター・ジャクソン。フィリップ・リーヴのファンタジー小説を原作に、なんとも複雑で斬新な映像を作り上げているのです。

ヒロインのヘスター・ショウ
ヒロインのヘスター・ショウ

 たった60分で文明を破壊した最終戦争の後、わずかに残された人類は移動型の都市を作り上げ、他の小さな都市を駆逐し、捕食して生き延びるという弱肉強食の時代を迎えていました。中でも最強を誇る移動都市がロンドン。彼らは捕食した都市の資源を再利用、人間を奴隷化することで成長し続け、やがては荒野を支配し、巨大な“盾の壁”の彼方にある平和な“反移動都市同盟”の居住地に進攻しようとしています。しかし、その絶対的な力に対し、反抗しようとする者たちがいたのです。その中心になったのが一人の少女へスター・ショウ(ヘラ・ヒルマー)でした…。

超巨大な移動都市ロンドン
超巨大な移動都市ロンドン

 まるで『ハウルの動く城』のように変形しながら動く小さな都市を、超弩級巨大都市ロンドンが飲み込んでいく場面にまず驚愕。さらに地中に潜る昆虫都市スカットルバットが登場し、赤い飛行船ジェニー・ハニヴァー号は大空を自在に飛翔、その行く手には浮遊都市エアヘイヴンが幻想的な姿で待ち構えています。ロンドン名物をこれでもかと積み上げた移動都市ロンドンのデザインもユニークで、ガジェットやギミック好きのSFやファンタジーのファンが大喜びするビジュアルがいっぱい。監督は『キング・コング』でアカデミー視覚効果賞を受賞したVFXマン出身のクリスチャン・リヴァーズですから、ジャクソンとともにその想像力をビジュアル化しているのです。CGIの担当は何度もオスカーに輝いたWETAデジタル。

空に浮かぶ空中都市エアヘイヴン
空に浮かぶ空中都市エアヘイヴン

 これだけCG全盛の時代になると、もう何が出てきても驚きません。ロボットも巨大怪獣も当たり前のようにスクリーンに登場するのですから。だから今、VFX映画に問われているのは「何ができるか」ではなく「どう見せるか」なのですね。その意味で、この映画は魅力的。

 物語も、母を殺され復讐を誓うヘスター、ロンドンの指導者で野心家のサディアス(ヒューゴ・ウィーヴィング)、その娘で探求心にあふれる令嬢キャサリン、廃棄物の中から旧世界のテクノロジーを模索する歴史家見習いのトム、反移動都市同盟の中心人物であるアナ・ファンらが入り乱れ、さらにヘスターを付け狙うストーカーのシュライクという『ターミネーター』ばりの機械化戦士も出現と、通常の映画なら三部作にしたいほどのボリュームと情報量が詰め込まれています(ユニバーサルの映画ですから、ミニオンまで特別出演)。細部にまで凝った仕掛けが施された映画なのでできれば劇場の大画面で。重厚な大音量だとさらに楽しめると思います。

(付記)

 本文中に『ハウルの動く城』について触れていますが、その他の設定、キャラクター、美術、飛翔感覚、発掘兵器による攻撃など、ジブリ映画を思わせる(ただし、より凶暴ですが)描写があるので、そちらのファンも楽しめると思います。

(『移動都市/モータル・エンジン』は3月1日から公開)

配給:東宝東和

(C)Universal Pictures