祝アカデミー作品賞受賞!『グリーンブック』人種を超えた男たちの友情を描く、笑って泣けるロードムービー

 先日発表された米アカデミー賞で作品、助演男優、脚本の3部門で受賞した作品。笑って泣けて、観終わった後にいい気分になれる傑作です。

 時は1962年。ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)はガサツで無学ですが、腕っぷしの強さと口の上手さで家族や周囲から信頼されていました。クラブが改装のため2か月間閉店することになり、トニーはその間の収入を得るため、ある黒人ピアニストの運転手兼ボディガードとして雇われることになります。彼の名はドクター・ドナルド・シャーリー(マハーシャラ・アリ)。ケネディ大統領のためにホワイトハウスで演奏したこともあり、知性と教養にあふれる天才ですが、なぜか黒人差別が色濃く危険な南部へのコンサートツアーを計画していたのです。最初は互いの流儀を譲らず衝突ばかりの二人。しかしトニーはドクターの奏でる美しい音色に感動し、ドクターはどんなトラブルも解決するトニーを信頼するように。次第に友情で結ばれていく二人ですが、彼らの旅にはとんでもない事件が待っていたのです…。

 タイトルの「グリーンブック」とは、黒人が利用可能な施設を紹介した旅行ガイドブック。黒人に対する差別が厳しかった南部を旅するには必携のものでした。

 ともかく主人公二人を演じるモーテンセンとアリの名演技が光ります。無学な白人と教養あふれる黒人という対比が素晴らしく、北欧出身のモーテンセンは体重を14キロも増加し、ガサツで大食いのイタリア系の男になりきっています。アリもまた、上流階級の人々のサロンで演奏することができても、レストランにすら入ることを許されない男の孤独を体現。そんな二人が徐々に心を通わせていく姿が微笑ましく、時に泣かされるのです。トニーは愛する妻ドロレス(リンダ・カーデリーニ)への手紙を旅先で書いて送るのですが、その文章をドクターに教わる姿の可愛らしいこと。オスカーは助演男優賞のアリのもとへ行きましたが、モーテンセンも主演男優賞に値する演技だったと思います。

 ところで、トニーは口が上手いために「リップ」というあだ名で呼ばれていますが、本名はトニー・バレロンガ。トニーもドクターも実在の人物で、トニーはマフィアの役で『ゴッドファーザー』などに出たこともあります。この作品はトニーの息子のニック・バレロンガが、父から何度も聞かされた昔の思い出話をいつか映画化したいという子供のころからの夢を実現した映画でもあるのです。ニックは製作者・脚本家として作品・脚本賞のオスカーを手にしたのですから、家族の物語としても感動的。

 ただ友情を描くロードムービーというだけでなく、差別への怒りもふつふつと湧き上がってくる作品です。トニーとドクターがミシシッピーで逮捕されるくだりはサスペンスフル。ミシシッピーは『ミシシッピー・バーニング』などで描かれたように、60年代は白人至上主義団体KKKが警察と結託してリンチ殺人などを行なっていた土地だったからです。監督は『メリーに首ったけ』などのコメディーで活躍していたファレリー兄弟の一人ピーター・ファレリー。今までにも肉体的精神的ハンディキャップを笑い飛ばしてきた監督だけに、本作も差別や偏見に対してユーモアで闘っています。ヘイトクライムや人種間の分離が続いている今だからこそ、この映画が発表され、アカデミー作品賞に輝いた意義は大きいと言えるのでしょう。それに何より、若手ピアニスト、クリス・バワーズによる音楽も楽しく、最高にハッピーな気分になれますしね。

(『グリーンブック』は3月1日から公開)

配給:ギャガ

(c) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.