『陸王』の原作演出コンビが企業の闇に迫る『七つの会議』会社の利益と人としての正義、どちらを選ぶのか?

問題社員の八角(野村萬斎)と営業部長の北川(香川照之)

 池井戸潤・原作、福澤克雄・演出と言えば、TVでは『ルーズヴェルト・ゲーム』、『下町ロケット』シリーズ、『半沢直樹』、『陸王』といったヒット・ドラマでおなじみの顔合わせです。その両者が組んだ初の劇場用長編映画がこの『七つの会議』。

八角を罵倒する坂戸(片岡愛之助)だが、後にパワハラで訴えられることに…
八角を罵倒する坂戸(片岡愛之助)だが、後にパワハラで訴えられることに…

 舞台となるのは中堅企業・東京建電。大企業ゼノックスの傘下にあり、常に親会社の顔色をうかがわなければならない弱い立場です。ある日、営業一課のトップセールスマンである一課長・坂戸(片岡愛之助)を、ぐうたら社員の万年係長・八角(野村萬斎)がパワハラで訴えるという事件が起きます。社内委員会の裁定は坂戸の左遷という一方的なもの。しかも社内では絶対的な存在のモーレツ管理職である営業部長・北川(香川照之)は、なぜか自分の腹心だったはずの坂戸をかばおうとはしませんでした。不可解な人事に揺れる社員たち。

 そんな中、ずっと二番手に甘んじてきた営業二課長の原島(及川光博)が坂戸の後任の営業一課長に選ばれますが、重責の中、なかなか結果が出せない現状に苦しむことに。やがて坂戸が行方不明になったことを知った原島は、部下の優衣(朝倉あき)と共に、事件の裏側を探り始めます。そこには想像を超える秘密と闇が隠されていました…。

 親会社からの押し付け、重すぎるノルマ、営業と経理の確執、社内不倫、出世競争から脱落した者たちの屈折、不可解な人事異動など、会社勤め、特に営業職を経験したことのある人ならば胸が痛くなるエピソードが連発。もともとの原作は連作小説のスタイルで、何人もの視点で描かれていますが、映画はそこを整理し、原島と優衣のコンビを中心に、複数の視点を入れ込んだ形式でうまくまとめています。及川と朝倉の掛け合いがユーモラスで、暗くなりがちなお話に笑いの要素をもたらしているのです。

原島(及川光博、左)と部下の優衣(朝倉あき、右)が事件の真相に迫る
原島(及川光博、左)と部下の優衣(朝倉あき、右)が事件の真相に迫る

 キャストは豪華。前述の俳優以外にも北大路欣也、音尾琢真、藤森慎吾、岡田浩暉、木下ほうか、吉田羊、土屋太鳳、小泉孝太郎、溝端淳平、春風亭昇太、立川談春、勝村政信、世良公則、鹿賀丈史、橋爪功と脇役に至るまで名だたる面々がずらり(他にも特別出演のスターがいます)。池井戸=福澤ドラマでおなじみの顔が多いのですが、そんな中で、現代劇のサラリーマン役初挑戦という野村萬斎が異彩を放っています。

 前にも述べたように、この映画は視点が次々と入れ替わる形式で描かれていますが、萬斎演じる八角の内面はラスト近くまで語られません。この映画の主役にして事件の中心人物でありながら、八角の本心は謎のままなのです。入社当時は敏腕営業マンだった彼はなぜ今のようなぐうたら社員に変身したのか? 会社に対する貢献度の少ない彼がなぜ左遷もされずに係長でいられるのか? 萬斎独特のセリフ回しが、八角の謎めいた特異さを際立たせ、得体のしれない不気味な雰囲気まで漂わせているのです。

 さて、他の池井戸作品と同様、本作もきわめて日本的な企業風土に根ざしたもの。企業=組織あっての自分という考え方は、時として社会的な常識から外れた行為をとらせてしまうこともあるのです。会社に利益をもたらすため、組織から自分が逸脱しないようにするため、社会的に許されないことをしてしまったとしたら…。現実でもさまざまな企業で偽装問題が起きていますが、この映画はそんな現代社会に対する警鐘にもなっているのです。会社のために生きるのか? 人としての正義を守るのか?

 タイトルが示すように、映画の見せ場は「会議」。基本的に会話劇で、目を見張るようなアクションがあるわけではありませんが、登場人物たちの熱い(暑苦しいとさえ言えそうな)顔芸対決が最大の見ものなのです。主題歌は、なんとボブ・ディラン。

(『七つの会議』は2月1日から公開)

配給:東宝

(C)2019映画「七つの会議」製作委員会