ISに襲われ奴隷として売られた女たちの反撃を描く『バハールの涙』は女性による女性のための映画

 2018年にノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラド。イラク北部のシンジャル地区に住むヤズディ教徒である彼女はIS(イスラミック・ステート)に襲撃され、彼らの性暴力の被害者として辛い日々を送ることを強いられました。現在、彼女は女性たちの救済を求める活動を行なっています。

 この映画『バハールの涙』の主人公バハールも同じ境遇の女性です。弁護士として夫や息子と幸福に暮らしていた彼女は、クルド人自治区に住む家族のもとを訪れた時にISの襲撃を受けてしまいます。成人男性はすべて殺害され、女性と子供たちは連れ去られていきました。女性は性的奴隷としての売買の対象に、子供は戦闘員の養成所に入れて戦士にするために…。

 バハールも奴隷として売り飛ばされてしまいましたが、必死の努力でなんとか脱出に成功。息子を取り戻したい一心で、武器を持って闘うことを決意し「太陽の女たち」(これが原題)という女性ばかりの戦闘部隊を結成します。「女性に殺されたら天国に行けない」と信じているイスラム教原理主義者にとって、彼女たちの存在は脅威でした。隊長となって最前線に立ち続けるバハールは、再び我が子を抱きしめる日を夢見て、激戦の日々を生き抜いていきます。

バハールたち女性部隊は最前線で戦闘に参加
バハールたち女性部隊は最前線で戦闘に参加

 ムラドが拉致されたのと同じ、2014年8月の事件を題材にして描かれた作品。ストーリーはフィクションですが、実際にもヤズディ教徒はクルド人武装勢力やクルド自治区政府軍と共にISに対する抵抗部隊を組織し、その中には女性の戦闘員たちが数多く存在しています。そして、連れ去られたまま、今もなお行方不明の女性たちは数千人にのぼっているのです。こうした真実の重みが伝わってくる映画です。

片目を失っても戦場にとどまるジャーナリストのマチルド
片目を失っても戦場にとどまるジャーナリストのマチルド

 監督・脚本が女性のエヴァ・ウッソンということもあって、女性の視線が生きている映画。バハールが臨月の女性を連れてISの陣地から脱出しようとするシークエンスのサスペンスの盛り上げは、やはり女性ならではの描写が光り、母として、女としての哀しみや怒りが伝わってくるのです。アクション映画ではありませんが、銃弾がどこから飛んでくるかわからない戦闘シーンは、かなりの迫力。バハールは戦場でジャーナリストのマチルドと出会い、友情で結ばれていきますが、やはりジャーナリストの夫を紛争地で亡くし、PTSDに苛まれながら愛娘を国に残して取材を続けるマチルドの描写にも力が入っているのです。片目を失明したにもかかわらず取材を続けるマチルドのキャラクターは、実在する複数のジャーナリストをモデルに造形したとのこと。

 バハールを演じるのは『パターソン』『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』などで活躍するイラン出身のゴルシフテ・ファラハニ。その意志に満ちた鋭い瞳が印象的(彼女が「世界で最も美しい顔トップ10」の常連だということもあるのでしょうが)。マチルド役はフランスの演技派エマニュエル・ベルコ。バハールの隊の女性兵士たちもなかなかに個性的ですが、そのせいか男性の登場人物の影が薄く、キャラ立ちしている人が見当たらない、という部分も出てきてしまっています…。

(付記)

 ナディア・ムラド本人を描いたドキュメンタリー『ナディアの誓い』も2月1日から公開されます。

(『バハールの涙』は1月19日から公開)

配給:コムストック・グループ+ツイン

(c)2018- Maneki Films- Wild Bunch- Arches Films- Gapbusters- 20 Steps Productions- RTBF (Television belge)