木村拓哉と長澤まさみの名コンビ誕生。豪華キャスト共演のエンターテインメント『マスカレード・ホテル』

 とても贅沢な映画です。主演は木村拓哉と長澤まさみなのですが、それを囲んで日本映画界を代表するような豪華キャストが次々と顔を見せるのですから。

 舞台は超一流ホテル・コルテシア東京。ここで、警察による大がかりな潜入捜査が行なわれることになります。都内で3件の殺人事件が発生。被害者の間に繋がりはないものの、現場に不可解な数字の羅列が残されていたことから警察は連続殺人として捜査を開始。捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村)がその解読に成功し、次の殺害現場としてコルテシア東京が予告されていることを突き止めたのです。しかし、犯行時間も被害者候補もまったく不明。そこで潜入作戦が決定され、新田は英語が喋れるという理由でフロントクラークに扮することに。彼の教育係に任命されたのは、優秀なフロントクラーク山岸尚美(長澤)でしたが、刑事として犯人逮捕を第一に考え宿泊客に疑いの目を向ける新田と、お客様の安全が最優先というポリシーの尚美はことあるごとに対立してしまいます。そんな状況で、はたして二人は仮面を被った連続殺人犯を見破ることができるのか?

 原作は東野圭吾。最初に言ってしまうと、ミステリーとしては「?」な部分が多い作品です。劇中で刑事たちのセリフにもあるように、真犯人が仕掛けたトリック(というか小細工)が必要だったのか? という点で、こんな仕掛けをせずに犯行に及んでいたら、事件は発覚せず完全犯罪ができたかもしれないと思えてしまうからです。まあ、物語を面白くするためにはやむを得ないことなのですが。

 しかし、「ホテルもの」として観た場合は、素晴らしく面白い映画です。普段ほとんど知ることのないホテルの裏側やホテルマンの世界を垣間見ることができますし、多くの人々が行きかうホテルという空間は、さまざまな人間模様を描くのに最適。そこには喜劇があれば心温まる話もあり、思わぬ再会やトラブルも…。『HERO』シリーズでも木村と組んだ鈴木雅之監督の演出は、それぞれのエピソードで笑わせたりハラハラさせたりしながら、クライマックスに向かってじっくりとサスペンスを盛り上げていきます。シンメトリーにこだわった空間演出はまさに鈴木流。そして文章では描けない映像による手がかりもしっかりと映し出されているのです。

 キャストは、警察サイドに渡部篤郎、小日向文世、篠井英介、梶原善、泉澤祐希。ホテル側に石橋凌、鶴見辰吾、東根作寿英、石川恋。宿泊客では濱田岳、前田敦子、高嶋政伸、松たか子、笹野高史、宇梶剛士、菜々緒、生瀬勝久、勝地涼、橋本マナミ、田口浩正という豪華版。“いかにも犯人”なキャスティングがないのもオールスター映画の強みです。個人的には小日向文世のとらえどころのない存在感に感心させられました。

 さて物語は、刑事としては優秀なものの不愛想で破天荒な行動の多い新田(なんと木村拓哉の刑事役は意外なことにこれが初めてだったりします)と、ホテルマンとしての流儀を忠実に(忠実すぎるほどに)守ってきた尚美が、衝突を繰り返しながらもお互いのプロとしての実力を尊重するようになり、今までとは違った価値観に目覚めていく姿を描いていきます。二人の名コンビぶりがなかなかハマっているので、続編の『マスカレード・ナイト』もぜひ映像化してもらいたいもの。「月9」あたりで連続ドラマ化なんてどうでしょうか、フジテレビさん? その際は本作の前日譚にあたる『マスカレード・イブ』を2週連続のスペシャルドラマで、というのもアリかも…。

(付記)

 原作者の東野圭吾が小説執筆時に漠然と新田のイメージキャストとして考えていたのが木村拓哉だったそうで、映画版で役にハマっているのも当然なのでした。

(『マスカレード・ホテル』は1月18日から公開)

配給:東宝

(C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社

木村拓哉と鈴木雅之監督が組んだ2015年の『HERO』のレビューはこちら