宝くじの当選金3億円が親友と共に消えた!? 佐藤健&高橋一生の『億男』には強烈なキャラがいっぱい

 川村元気(『世界から猫が消えたなら』)の本屋大賞ノミネート小説を『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が映画化した作品。

 失踪した兄の保証人になったばかりに3000万円の借金を背負った一男(佐藤健)は、昼は図書館司書として働き、夜はパン工場でバイトという辛い日々を送っています。妻の万左子(黒木華)や娘のまどかとは離れ離れの生活。それどころか、借金の返済のことしか頭にない一男に愛想をつかした万左子には離婚を切り出される始末です。そんな時、ひょんなことから手に入れた宝くじが3億円の大当たり! これで家族の絆を取り戻すことができるはず…。

 しかし、ネットを見ると、高額当選がきっかけで人生を踏み外した人々の記事がいっぱい。怖くなった一男は大学時代の親友で、起業して億万長者になっている九十九(高橋一生)に久しぶりに連絡してアドバイスを求めます。が、なんと九十九は一男の3億円を持ったまま姿を消してしまったのです。一瞬にして天国から地獄に突き落とされた一男は、九十九の行方を求めて、彼を知る人物を訪ね歩くのですが…。

一男(佐藤健、右)は九十九(高橋一生)に現金を見せて使い道を相談するが…
一男(佐藤健、右)は九十九(高橋一生)に現金を見せて使い道を相談するが…

 レビューなので順序立てて要約していますが、映画はこんな説明調の展開にはなっていません。いきなりモロッコの砂漠の空撮で始まったかと思うと、画面は突然、バブル期を思わせる高級マンションでの乱痴気パーティの会場へと移行していくのです。観客は何が起きている(あるいは起きようとしている)のかわからないまま、強引に物語の中に引き込まれていくことになります。これぞ大友啓史監督ならではの力業とも言える演出。

北村一輝扮する関西弁の怪人、百瀬
北村一輝扮する関西弁の怪人、百瀬

 ストーリーだけ抜き出して冷静に考えれば、おとぎ話としか思えない現実味の薄いお話です。しかし、そこに途方もない個性を持った強烈なキャラクターを放り込み、躍動感あふれる画作りをすることによって、緊張は最後まで持続していきます。

藤原竜也は金もうけを目指す人々を扇動する千住に扮する
藤原竜也は金もうけを目指す人々を扇動する千住に扮する

 一男はかつて九十九と組んで起業した仲間だった者たちを訪ねます。最初に競馬場のVIP特別席で出会ったのが、ギャンブル好きで怪しげな関西弁を操る百瀬(北村一輝)。長髪にヒゲ、眼鏡というスタイルで登場する北村は、最初は誰だか気が付かないほど別人になりきっています。頬や腹には詰め物をして膨らませるという作りこんだビジュアル。周囲を煙に巻くような言い回しながら、お金に関する発言はかなり重く、一男を翻弄していくのです。次に登場するのは、経済セミナーを主宰しながら、同時に「ミリオネアニューワールド」なる新興宗教の教祖のような存在でもある千住(藤原竜也)。こちらは逆に藤原の持ち味が全開で、会場を埋め尽くした観衆をアジる力強い言葉の数々が炸裂していきます(彼もまたお腹に詰め物が。“腹が出ている”というのが金持ちのイメージなのか?)。どのシーンも比較的長回しで撮られているので、観客の気持ちが切れることなく画面に没頭できるのです。この二人に比べると、今は平凡な専業主婦として団地に暮らす十和子(沢尻エリカ)は常識人のように思えますが、彼女もまた驚くような素顔を隠していました…。この3人の登場シーンでは、それぞれが完全に場をさらい、画面を支配していきます。

沢尻エリカ扮する十和子は、一見普通の主婦だが…
沢尻エリカ扮する十和子は、一見普通の主婦だが…

 大友監督作品としては派手なアクションや息を飲むサスペンスがあるわけではありませんが、見せ方のツボを心得たダイナミックな演出で、話はどんどん転がっていくのです。

 高橋一生もかなり凝った役作りをしているので、佐藤健扮する一男がとても平凡で地味な存在に思えてきます。しかし、この映画における佐藤は“台風の目”のようなもの。あえて目立つ演技を封印し、周囲に強烈なキャラを配することによって映画を成り立たせるのが、大友監督の狙いだったのではないでしょうか。そして大金持ちたちの間で右往左往する“一般人”一男の目を通して、「お金とは? 幸せとは?」という問題を問いかけていくのです。

(付記)

前半に登場する、池田エライザ扮するあきら(男性を「億男」か「雑魚」かに分類するパーティガール)がなかなか面白いキャラだったので、後半にも何らかの形でお話にからんでほしかった…。

(『億男』は10月19日から公開)

配給:東宝

(C)2018映画「億男」製作委員会