木村拓哉vs二宮和也。それぞれの”正義”を信じる男たちが激突する人間ドラマ『検察側の罪人』

 雫井脩介が2013年に発表した小説『検察側の罪人』を『関ヶ原』の原田眞人が監督・脚本で映画化した作品。木村拓哉と二宮和也の初共演が大きな話題となっています。描かれるのは「正義とは何か?」という重いテーマ。

 東京地検刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野啓一郎(二宮)は、入庁時の研修担当でもあった憧れのエリート検事・最上毅(木村)の下で働くことになります。そんな時、都内で発生した強盗殺人事件。最上と沖野がこの事件を担当しますが、複数いる被疑者の中から、最上はなぜか一人の男に狙いをしぼる方針を立てます。その男・松倉(酒向芳)は過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人だった人物。沖野は最上の命令で別件逮捕した松倉を尋問、自白させようとしますが、松倉は犯行を否認し続けます。やがて沖野は最上の捜査方針に疑惑を抱くように。「最上さんは松倉を犯人に仕立てようとしているのではないか…?」

 法で裁けなかった悪に罰を与えるため一線を越えてしまった男と、あくまでも法の正義を信じる男。二人はそれぞれの“正義”をめぐって対立していくことに…。

 「真犯人は誰だ?」というミステリー的な要素は薄く、重厚な人間ドラマに焦点が当てられています。やはり注目なのは二人の検事を演じる俳優たちの激突。

 木村拓哉は、冒頭の初登場場面からエリート検事・最上の切れ味鋭い演技を見せて場をさらいます。観客だけでなく登場人物たちをも驚愕させる演出があるのですが、これは木村が監督と相談の上、リハーサルとはまったく違う演技を本番で見せたものだそうで、その迫力には大人の余裕のようなものさえうかがえました。検事といえば、彼は『HERO』シリーズでも検事の役を演じていたのですが、キャラクターの立ち位置も性格もまったく違うため、最上を見ていて一度も『HERO』の久利生を連想させることはありません。さらに最上は後半になるにつれて人間的な弱さをどんどん見せていくようになるので、その落差にも感心。木村の役作りの綿密さが感じられました。

 一方の二宮和也ですが、駆け出しの検事というものの、取調室で激しく被疑者を尋問するシーンはもっぱら彼の役どころで、相手になめられないように虚勢を張りつつ、時に怒号を上げ、時に冷静に証拠をならべつつの丁々発止のやりとりを見せてくれます。このあたりは原田監督作品らしい緊張感が画面を支配。二宮演じる沖野は、松重豊扮する怪しげなブローカーの諏訪部、酒向芳扮する被疑者の松倉とそれぞれ対峙する場面があるのですが、いずれ劣らぬ名勝負を見せてくれます。特に酒向の“人間のクズ”感あふれる佇まいは特筆もので、異様な雰囲気をまき散らしていくのです。二宮は沖野の“若さ”と“真っ直ぐすぎる正義感”を体現した熱い演技を見せます。

 ヒロイン格は、吉高由里子扮する橘沙穂。沖野付きの検察事務官ですが、彼女も独自の動きを見せて事態をかき回していきます。最上の大学時代からの親友で、スキャンダルに巻き込まれた代議士・丹野和樹に平岳大。弁護士に八嶋智人、山崎努。他にも大倉孝二、音尾琢真、大場泰正、谷田歩、矢島健一、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜など多彩なキャストが共演。

 当然クライマックスは最上と沖野の正面対決ということになるのですが、いかにも原田監督作品らしく、原作とは味わいが違ったものになっているのでお楽しみに。自らが信じる“正義”を貫く男たちの激突は、どんな結末に向かうのか? 決して“見終わってスカッとする”たぐいの映画ではありませんが、一流の俳優たちが真剣勝負をくりひろげた充実感は味わえるのです。

(付記)

 この映画では最上と諏訪部を結ぶものとして、第二次世界大戦中に日本軍が行なった「インパール作戦」が挙げられています。これは無謀かつ杜撰な作戦を強行したことによって参加した日本兵のほとんどが戦死または傷病死したという悲惨な戦いで、“史上最悪の作戦“と呼ばれるもの。これに加え、本題の事件とは直接関係がないものの、「日本を戦争に向かわせようとする政治家の一派」や「それに加担して正確な報道を行なわないマスコミ」に対する怒りも描かれているのが興味深いところなのです。

(『検察側の罪人』は8月24日から公開)

配給:東宝

(c)2018 TOHO/JStorm

木村拓哉が検事を演じた『HERO』のレビューはこちら