音楽を知らない移民の子供たちがコンサートホールに立つまでを描いた感動作『オーケストラ・クラス』

 フランスでは、音楽に触れる機会の少ない子供たちに無料で楽器を提供し、プロの音楽家が教えるという音楽教育プログラム「デモス」が存在し、すでに2000人以上の子供たちが体験したそうです。この教育現場にインスピレーションを受けて作られたのが、この映画『オーケストラ・クラス』。パリ管弦楽団の本拠地として知られるコンサートホール「フィルハーモニー・ド・パリ」の全面協力を受けています。

 多くの移民の人々が暮らすパリ19区の小学校に、バイオリニストのダウド(カド・メラッド)が6年生の子供たちにバイオリンを指導するためにやって来ました。しかし楽器に触れたこともない子どもたちは、やんちゃ盛りということもあって、ふざけるばかりで集中力が続きません。それでもダウドの模範演奏を聴いた子供たちは、静まり返ってその澄んだ音色に耳を傾けます。そんな中、ダウドは夢中になってバイオリンの練習に打ち込むアフリカ系の少年アーノルド(ルネリー・アルフレッド)に音楽の才能を見出し、無口で引っ込み思案な彼をソリストに育てようとします。

子供たちを指導するダウド(カド・メラッド)
子供たちを指導するダウド(カド・メラッド)

 じつはダウドは家庭に問題を抱え、仕事にもあぶれたため、いやいやこの仕事を引き受けたにすぎないのでした。そんな彼は度を越した暴言を吐いたクラス一の悪ガキを突き飛ばすという事件を起こし、衝動的に辞任を考えてしまいます。そんな彼を繋ぎとめたのは、アーノルドの存在でした。やがて子供たちはある事件をきっかけに自主的な練習を開始するようになり、その熱意は生徒の保護者たちも巻き込んでいきます。そして一年が終わる頃、彼らがフィルハーモニー・ド・パリのステージに立つ日がやってきました…。

アパートの屋上に集まり自主練習を始めた子供たち
アパートの屋上に集まり自主練習を始めた子供たち

 頼りなく、やる気もない中年教師と問題児だらけの生徒が心を通わせていく、というのは学園物の王道。それを彼らの演奏課題曲であるリムスキー=コルサコフの「シェエラザード」の旋律と共に描いていきます。キャスティングされた少年少女は映画での設定同様にほとんど楽器を演奏したことのない素人ばかり。そんな協調性のかけらもなかった子供たちが、次第に音楽の楽しさを知っていき、演奏の出来に一喜一憂していく姿が生き生きと描かれていきます。特に印象的なのが、彼らが他の学校と合同練習する場面。それなりに演奏できるようになったと思っていた子供たちは、他校の演奏にまったく付いていけずショックを受けます。幼いプライドがズタズタにされ、挫折と苦悩を(おそらく初めて)味わったその姿は悲痛で、こちらも胸を打たれます。だからこそ、その後の音楽に正面切って向き合う姿が感動を呼ぶのです。

我が子の晴れ姿を見守る保護者たち
我が子の晴れ姿を見守る保護者たち

 そんな子供たちの心の動きが、セリフ(言葉)ではなく、表情の変化のみで観客に伝わってくるのがこの映画の特徴。子供たちが音楽にどんどん魅了されていく姿を追うことで、改めて音楽の持つ力、素晴らしさが実感できるのです。子役にも厳しい演技指導をしながら、その表情を切り取った俳優出身のラシド・ハミ監督の手腕が光っています。

 実際の「デモス」は大成功を収め、このプログラムを経験した約半数の生徒が、その後も音楽を続けているといいます。映画では演奏会の“その後”は描かれていませんが、彼らの未来について想像の翼を広げてみるのも楽しいかもしれません。

(『オーケストラ・クラス』は8月18日から公開)

配給:ブロードメディア・スタジオ

(c) 2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE- PHILHARMONIE DE PARIS