『孤狼の血』で松坂桃李を魅力的に輝かせたのは脚色の妙だった!

『孤狼の血』で若き刑事を熱演した松坂桃李

 熱量の高い映画です。白石和彌監督ならではの演出も、役所広司をはじめとするキャストの演技も、ギラギラとした熱さにあふれています。かつての東映実録やくざ路線の傑作『仁義なき戦い』を思わせるような“昭和”の臭いを振りまきながらの、男たちの生きざまが胸を打つのです。

 いちおう、ストーリーのダイジェストを書いておきます。時は昭和63年。暴対法(暴力団対策法)成立直前の広島の架空の都市・呉原。いまだ暴力団組織が割拠し、広島から進出してきた「加古村組」と、地場のやくざ「尾谷組」の抗争の火種がくすぶり始めた頃、加古村組関連の金融会社社員が失踪します。これを殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上(役所広司)は、新人刑事・日岡(松坂桃李)と共に事件捜査と抗争収拾のために奔走しますが、大上は事件解決のためならばどんなダーティーな手段も厭わない男で、日岡を困惑させていきます。「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」

過激な行動をとる先輩刑事・大上(役所広司)に翻弄される日岡(松坂桃李)
過激な行動をとる先輩刑事・大上(役所広司)に翻弄される日岡(松坂桃李)

 この映画の見どころの一つが、松坂桃李の演技です。大上に振り回される大学卒の新人が、やがて彼の「正義」に触れることによって、真の刑事に、そして一人の男としても成長していく。その過程を見事に演じて俳優としての本領を発揮してくれるのです。

 その立役者になっているのが、脚本です。柚月裕子による原作小説では、松坂扮する日岡が抱えている「秘密」が明かされるのは、物語のラストの部分でした。しかし映画では、それを中盤であっさりと明かしてしまいます。このことが劇的な効果をあげているのです。

 これはアルフレッド・ヒッチコックが『めまい』で使った手法に似ていて、ラストに一度だけ訪れる「実はそうだったのか!」という「サプライズ」ではなく、「これからいったいどうなるのだろう?」という持続する「サスペンス」を狙ったもの。日岡の秘密は彼自身と観客に共有され、以後は観客も日岡と同じ感覚を持ちながら映画に参加することになるのです。それによってクローズアップされるのは、日岡の心情。ばれないようにしながら行動することはできるのか? と観客がハラハラしながら見つめるうち、彼の葛藤が浮き彫りになっていくという仕掛け。彼の「正義感」や「倫理観」が物語の最初と最後でどう変わっていったのか。その変化と成長を体現して見せた松坂桃李の繊細な演技はお見事。エンディングを迎えた日岡の「その後」が見たくなりました。

日岡のドラマもじっくりと描かれている
日岡のドラマもじっくりと描かれている

 日岡の存在をクローズアップするため、映画は原作にない登場人物を付け加え、彼との関係で一つのドラマをも作り上げています。このあたりの脚色にも注目してほしいところ。ちなみに本作の脚本を担当したのは、『日本で一番悪い奴ら』でも白石監督と組んだ池上純哉です。

 主人公の大上についても一言。彼は確かにダーティーな男ですが、決して「悪徳刑事」ではありません。やっていることは目茶苦茶ですが、その行動原理は「平和を、市民を守る」ということにあるのです。そのぶれない姿勢がしっかりと描かれているからこそ、日岡との関係性が納得いくものとして感じられたのです。

(付記)

「日岡のその後が見たい」と書いていたら、続編の製作が決定したようです。

(『孤狼の血』は5月12日から公開)

配給:東映

(c)2018「孤狼の血」製作委員会

白石和彌監督の『サニー/32』のレビューはこちら

『日本で一番悪い奴ら』のレビューはこちら