”アニゴジ”第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』人類vsゴジラは新たなステージに突入!

 昨年末に公開された“アニゴジ”こと『GODZILLA 怪獣惑星』に対する批判で最も多かったものが「こんなものはゴジラじゃない」という声でした。確かに、このシリーズのゴジラは今までの映画に登場してきた“怪獣王”とはまったく違います。ストーリーも未来や宇宙を舞台にしており、「エクシフ」「ビルサルド」という二種類の人間型異星人を登場させる異色の展開。SF映画の文脈の中に、ゴジラという名前の存在を“怪獣の象徴”として投入したものなのです。出てくる怪獣が「ゴジラ」でなくても成立する話なので、言わば「正規のルートで作られた二次創作」のようなもの。しかし、逆に考えれば、これは明らかな確信犯。「ゴジラはこうでなければならない」という固定観念さえなければ、スリリングなSFアクションとして見ごたえある作品になっているのです。

 さて、本作『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は三部作として製作されるうちの第二章。前作で2万年の時間が経過した地球に帰還した人類は、宿敵ゴジラを倒すことに成功したかに思えました。しかし、それは亜種のゴジラ・フィリウスでしかなかったのです。彼らの目の前には全高300メートルにも及ぶゴジラ・アースが出現。こいつこそが、人々を地球から追放した元凶なのでした。ヤツは2万年もの間、成長を続けていたのです。

 仲間と離れ離れになったハルオ(声:宮野真守)は、地球に残った人類の末裔と思われる「フツア」の民に救われます。彼らによれば「フツアの神もまたゴジラに敗れた」のだそうで、彼らは地下にひっそりと暮らしていました。そんな中、ビルサルドの指揮官・ガルグ(諏訪部順一)は、フツアが矢じりに使っている金属が、かつて彼らと人類が対ゴジラ決戦兵器として開発したメカゴジラに使われていたナノメタル(自立思考金属体)であることに気が付きます。メカゴジラはまだ健在なのかもしれない! それは彼らに残された最後の希望になるのでしょうか…?

今回初登場するフツアの双子の巫女姉妹
今回初登場するフツアの双子の巫女姉妹

 ストーリー原案・脚本を担当している虚淵玄の織り成す物語はますますハードSF方面に向かって突っ走っていき、「人間とは?」「怪獣とは?」という哲学的な会話もしばしば飛び交っていきます。大怪獣バトル映画を期待すると肩透かしを食らうことになりますが、これがこのシリーズの特色なのです。地球人以外の異星人を二種類登場させたことも、正直、前作ではその意味が不明瞭だったのですが、本作に至って腑に落ちることになります。それぞれの種族の生き方の(性質の、と言った方がいいかもしれません)違いが、物語を大きく動かしていくことになるのですから。

 今回もまた「人の手でどうやってゴジラを倒すのか」について考え抜かれたストーリーが展開。新兵器として高機動人型有人兵器「ヴァルチャー」(前作にも登場したパワードスーツをビルサルドが改良したもの)が大活躍し、ポリゴン・ピクチュアズ製作の3DCGならではの映像体験が楽しめるのです。声の出演は他に前作に引き続き花澤香菜、櫻井孝宏、杉田智和、梶裕貴、三宅健太ら。フツアの巫女の双子姉妹の役で上田麗奈と小澤亜李が新たにキャストに加わりました。

(『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は5月18日から公開)

配給:東宝映像事業部

(C)2018 TOHO CO., LTD.

前作『GODZILLA 怪獣惑星』のレビューはこちら