これぞ正統派青春映画。初恋と友情とジャズがきらめく知念侑李&中川大志&小松菜奈の『坂道のアポロン』

 原作は小玉ユキの少女マンガ。しかし、王子様キャラが登場するキラキラ系映画とはまったく違い、至極正当な(言い方を変えれば、古風とも言える)青春映画でした。1966年という時代を背景に、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩監督が、恋と友情と音楽の青春を、丁寧かつ誠実に描きあげています。

 長崎の佐世保。親を亡くした西見薫(知念侑李)は親戚に引き取られ、ここに転校してきます。医師になることを強要され、家の中に居場所のない薫にとって、ピアノを弾く時だけが心安らぐ瞬間でした。坂の上にある、転校先の高校で親切なレコード屋の娘・迎律子(小松菜奈)と知り合ったことがきっかけで、彼女の幼なじみの千太郎(中川大志)とも交流を持つように。誰もが恐れる不良と言われていた千太郎でしたが、律子の店の地下にあるセッション・ルームでジャズ・ドラムスに興じる一面を持っていました。彼らを通じて初めて知ったジャズの魅力にとりつかれた薫は、ピアノとドラムスでセッションし、楽しい時間を過ごすようになります。次第に律子に恋心を抱いていく薫。しかし、彼は気付いてしまいます。律子の視線の先には、いつも千太郎がいることに…。

 時代が時代だけに、彼らの心情はもどかしいほど純情で、恋愛も積極的に進むことはありません。硬派な千太郎は律子の想いに気付くことはなく、街にやって来たお嬢様・百合香(真野恵里菜)に夢中になります。その百合香は、千太郎が兄と慕う葛城淳一(ディーン・フジオカ)とワケありのようで…。そんな彼らの恋の行方は?

 知念と中川は、ともに楽器の猛特訓を受け、華麗な演奏シーンを見せています。学校を舞台にして音楽を題材にした物語はこれまでにもありましたが、ジャズで、しかもピアノとドラムスのデュオというのは珍しく、迫力もたっぷり。特に圧巻なのは学園祭における体育館での演奏なので、そこでは思う存分音楽に身をゆだねてください。楽曲も「モーニン」や「マイ・フェイバリット・シングス」といった、どこかで耳にしたことのある親しみやすいメロディのものが多いから、ジャズ初心者でも大丈夫。演奏シーンがぶつ切りではなく、ちゃんと完奏されるのも気持ちいい。ディーン・フジオカの役はトランぺッターですが、甘い歌声を聴かせてくれるファンサービスもあります。

 音楽だけでなく、友情と恋愛の間で揺れる若者たちの心を丹念に描いているのが素晴らしいところ。孤独感にさいなまれていた薫は音楽を通して次第に表情を明るく変えていきますが、同時に切ない恋にも身を焦がすことになります。一見、明るく怖いものなしに見える千太郎にしても、実は誰にも言えない秘密を抱えているのです。中川のこうしたキャラは今までに見たことのないもの。知念と中川の二人は、そうした複雑な内面を抱えたキャラクターを繊細に演じています。携帯もスマホもまだなかった時代、赤電話の上に10円玉を重ねて「あの人」の家に電話をかける。そんな片想い中のドキドキ感を体全体を使って演じる知念は、なんとも可愛らしいのです。

 彼らの輝ける青春の日々、そして冒頭とラストで描かれるその10年後の姿を観ると、「一生ものの友達と出会えるって、なんて素敵なことだろう」と改めて思うはずです。

(『坂道のアポロン』は3月10日から公開)

配給:東宝、アスミック・エース

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館