5年も同棲した愛する彼の経歴や素性はすべて偽りだった…。長澤まさみと高橋一生共演の『嘘を愛する女』

 長澤まさみ&高橋一生という、いま旬の俳優が主演して話題の映画『嘘を愛する女』。TSUTAYAが主催するコンテストで見事グランプリを受賞した企画の映画化です。

桔平(高橋)と由加利(長澤)
桔平(高橋)と由加利(長澤)

 川原由加利(長澤)は食品メーカーの企画開発担当としてウーマン・オブ・ザ・イヤーにも輝いたことのあるキャリアウーマン。優しく面倒見のいい研究医の恋人、小出桔平(高橋)とは同棲5年目を迎え、そろそろ結婚も意識しています。しかし、ある日、約束の場所に彼は現れず、イライラしながら家で彼の帰りを待っていると、そこに訪ねて来たのは警察でした。桔平はくも膜下出血で意識不明のところを発見されたというのですが、由加利を待っていたのはさらなる衝撃の事実。

 彼が持っていた運転免許証も医師免許もすべて偽造、住民票にもその名はなく、職業はおろか名前すら、“嘘”だったのです。彼はいったい何者なのか? 意を決した由加利は私立探偵・海原(吉田鋼太郎)を頼ることに。そんな彼女たちの前に、桔平に一方的な想いを寄せストーカー的な行為を行なっていた心葉(川栄李奈)が現れ、桔平のもうひとつの顔が明らかになります。彼は心葉がバイトしている喫茶店でずっと小説を執筆していたというのです。由加利と海原はその小説をヒントに、桔平の素性を探る旅に出ます。

後半は由加利と海原(吉田)のロードムービーに
後半は由加利と海原(吉田)のロードムービーに

 まるで松本清張の推理小説のような導入部ですが、この映画はミステリーではありません。“人を理解し、愛するとはどういうことなのか”について問いかける物語。しかも驚くべきことに、この話は実話がベースになっています。監督・脚本の中江和仁が偶然出会った記事に書かれていた男の話に惹かれ、現実の事件では明らかにならなかった“その理由”を知りたいという思いから書き上げられた脚本(近藤希実と共同)なのです。

 中江監督はCMの世界で知られたクリエイターですが、CM出身の監督によくある派手で奇抜な演出を見せることなく、俳優の演技(特に表情)をじっくりと捉えています。カメラを1台しか使わず、フィックス(固定)画面での撮影が多いのです。しかし冒頭でも書いたように、いま最も旬な俳優たちが揃っているのですから、小手先の技に頼ることのないこの手法が大正解。俳優たちの微妙な表情のゆらぎから目が離せなくなり、物語の世界に引き込まれていくのです。

 由加利役の長澤まさみは、一見自信満々で完璧な人生を送っているキャリア女性の持つ危うさを体現。他人に対して常に優越感を抱いている驕り、愛していたはずの相手の内面を知らなかったことを否定したい感情、自身の存在価値すら見失いそうになった際の不安感などの複雑な想いが入り乱れている姿を熱演しています。どちらかと言うと“嫌な女”の部類に入る由加利ですが、長澤が演じることで、次第に素直な自分に目覚めていく彼女に感情移入できるようになっているのです。

DAIGOと川栄李奈(中央二人)も好演を見せる
DAIGOと川栄李奈(中央二人)も好演を見せる

 対する高橋一生は、いかにも優しそうな笑顔や物腰の影にときたま見せる“得体の知れなさ”が絶品。彼の“真実”が明らかになった時、それまで見せていた表情の意味がわかって観客の心に残るのです。探偵役の吉田鋼太郎は、家庭に問題を抱え、過去の行為を悔やんでいるという設定で人間味を出していますし、その助手・木村役のDAIGO(ロン毛のかつらを被り、眼鏡に無精ひげスタイルでいつもとは完全にイメージチェンジ)、心葉役の川栄李奈(ゴスロリ・スタイルの女子大生で、ちょっと普通とずれた感性の持主)もそれぞれ印象的。

 相手が嘘をついていた場合、その人と過ごした時間も偽りになってしまうのか? 相手について知っていると思っていても、本当にその人をちゃんと見つめていたのだろうか? ということを考えさせてくれる異色のラブストーリーです。エンディングテーマ「つなぐもの」の作曲・歌は松たか子。

(『嘘を愛する女』は1月20日から公開)

配給:東宝

(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会