雷神ソーの新作は以前とは雰囲気を一新した痛快宇宙冒険大活劇!『マイティ・ソー バトルロイヤル』

 アスガルドの雷神でアベンジャーズの一員でもあるマーベル・コミックのアメコミ・ヒーロー、ソー(クリス・ヘムズワース)を主人公にした『マイティ・ソー』シリーズの第3弾。『シビル・ウォー』に不参加だったソーは、宇宙の運命を左右する“インフィニティ・ストーン”を追い求めてあらゆる世界を駆け巡っていました。しかし、故郷アスガルドに戻った時、そこの様相は変わっていたのです。すべては父オーディン(アンソニー・ホプキンズ)を追放し、彼に成り代わって国を支配していた義弟ロキ(トム・ヒドルストン)の仕業でした…。

 今回のお話は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』から約2年後の設定。オーディンの力の衰退とともに、幽閉されていた死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)が復活。その恐るべき力は究極兵器だったソーのハンマー“ムジョルニア”を片手で粉砕するほどで、死者の軍団を操り、瞬く間にアスガルドを支配下に置いてしまいます。彼女の目的はアスガルドのみならず、すべての世界の支配。ソーとロキは宇宙の辺境に弾き飛ばされ、惑星サカールに漂着。そこはエキセントリックな独裁者グランドマスター(ジェフ・ゴールドブラム)が支配する場所で、ソーは自慢の長髪を切り落とされ、剣闘士として戦うことを強制されます。ここでチャンピオンにならなければ、アスガルドに帰ることができないと言われ、コロシアムに立ったソー。その対戦相手とは、絶対王者としてこの地に君臨する、かつての友ハルクだったのです。まさかの再会に驚く間もなく、アベンジャーズでもパワーを誇る二人の激突がここに実現。果たしてソーはこの辺境の惑星から故郷に戻り、世界崩壊の危機を防ぐことができるのか?

アスガルドとは深い因縁のある死の女神ヘラが登場
アスガルドとは深い因縁のある死の女神ヘラが登場

 マイティ・ソーの物語は、北欧神話をベースにしていることもあって、今までの映画では「家族の悲劇」が前面に出てどうしても重苦しくなってしまうきらいがありました。スタジオもそこは考えたのでしょう。今回は大きな方向転換を決め、監督にコメディアンとしても知られるタイカ・ワイティティ(『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』)を起用するという意外な人選をしてきました。これが大成功。ユーモアセンスあふれるアクション・エンターテインメントになっているのです。真面目で堅物なソーのおバカな面をクローズアップ、大胆なギャグを挟みつつ、燃える展開のバトルもたっぷりという、まさに冒険活劇に仕上げています。原題になっている「ラグナロック」とは「神々の黄昏」を意味し、つまりアスガルドに迫る悲劇を予感させる言葉。実際に客観的に見ればかなり深刻なお話が展開しているのですが、そこを重苦しく感じさせることなく、ダイナミックなビジュアルで見せ切ってしまうというのは、この監督の力量でしょう。マーベルは時に思い切った人の起用法を見せてくれますが、それに応える人材がちゃんと存在するというところにもハリウッド映画界の層の厚さを感じます。ちなみにワイティティ監督は俳優でもあるので、本作では岩石人間コーグを演じています。

 ソー以外の個々のキャラクターも人間味にあふれ、裏切り王子のロキも、意外にお茶目な顔をたびたび見せてくれます。冒頭に特別出演したドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に翻弄されたり、ハルクを見てかつて彼にこっぴどくやられたトラウマ(『アベンジャーズ』の時のもの)がよみがえってビビったりなど、今回はやたらに可愛いのです(人間界に来た時の細身のダークスーツ姿はカッコいいのですが)。

ソーとハルクの凸凹コンビぶりも今作の注目ポイント
ソーとハルクの凸凹コンビぶりも今作の注目ポイント

 ハルク=ブルース・バナー(マーク・ラファロ)は『エイジ・オブ・ウルトロン』のラストにクインジェットで飛び去って以来(映画では海に着水したように語られていましたが、その後また離陸したのか?)2年間もハルクの姿のままで過ごしていた設定で、今作のハルクは言葉も話し知性を見せます。彼も本来悲劇的なキャラなのですが、あまりそれを感じさせない大暴れ。初登場の新キャラも魅力的で、大酒飲みの女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)は今後のアベンジャーズ入りも期待させますし、ヘラの部下へ寝返るアスガルドの戦士スカージ(カール・アーバン)もいい味を出しています。

 色鮮やかな惑星を舞台に宇宙船が飛び回り、異星人たちが多数登場という、今までの『マイティ・ソー』とはがらりとイメージを変えた作品。ソーの新たな力が覚醒するシーンなど見せ場満載で、ヒーロー映画の王道を行く痛快アクション映画なのです。

(『マイティ・ソー バトルロイヤル』は11月3日から公開)

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(c)Marvel Studios 2017

前作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のレビューはこちら。