マスコミ業界を舞台にセクシーな水原希子と情けない男たちが展開するラブコメ『民生ボーイ 狂わせガール』

 正式タイトルは『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』、長過ぎてこのコーナーの文字数制限にひっかかるので、フルでは書けず略称になりました(笑)。人気コラムニスト・マンガ家の渋谷直角が原作。コミックの映像化には定評のある大根仁監督(『モテキ』『バクマン。』)によるラブ・コメディーです。

 主人公のコーロキ(妻夫木聡)は33歳。奥田民生のような“力まずに生きているカッコいい大人”に憧れている雑誌編集者。おしゃれなライフスタイル雑誌「マレ」に異動になった彼は、慣れない高度な会話に四苦八苦しつつも、頼りがいのある編集長(松尾スズキ)の下で次第に仕事にも馴染み始めていました。そんなある日、レディース・ファッションブランドの担当を先輩の吉住(新井浩文)から引き継ぐことになりますが、そこのプレス担当の美女・天海あかり(水原希子)に一目ぼれしてしまいます。それがコーロキくんの恋愛地獄の始まりでした…。

あかりに一目ぼれしてしまったコーロキ
あかりに一目ぼれしてしまったコーロキ

 なんとか彼女につり合う男になりたいと必死になるコーロキですが、予期せぬ出来事に足を引っ張られ、彼女とのデートもままならぬ状態に。さらに自由奔放なあかりの言動にも振り回されますが、それでも彼女への想いは抑えきれず…。空回りの連続で、いつしか身も心もズタズタに。果たして、この恋愛に未来はあるのか? 彼は奥田民生のような大人になれるのか?

 マスコミ界を舞台にしたボーイ・ミーツ・ガールのコメディーという点では映画『モテキ』と共通で、大根監督の得意分野。本作でも“業界あるある”を散りばめながら、快調なテンポでコーロキをめぐるドタバタを描いていきます。リリー・フランキーが扮するやたらに自己主張が強いライターや、安藤サクラの感情の起伏が激しく〆切を守れないコラムニストのエピソードなどは(かなり誇張していますが)大笑い。仕事と恋愛を両立させようとして果てしない空回りを繰り返すコーロキ役の妻夫木聡は、最近シリアスな役が増えているとはいえ、やはりこういうコミカルな役柄での困り顔がハマります。

リリー・フランキーがクセの強いライターを演じる
リリー・フランキーがクセの強いライターを演じる

 しかし、何と言っても本作最大の見どころは水原希子が見せる小悪魔ぶり。「出会う男すべて狂わせる」というフレーズに負けないセクシーな“狂わせガール”のテクを、これでもかと見せてくれます。かなりわざとらしい部分も(特に女性が見るとそう思えるでしょうね)ありますが、「こんな美女にこんな風に甘えられたらそりゃ狂っちゃうよなぁ…」という説得力はすごいです。大根監督は「希子ちゃんをかわいく、エロく撮ることがテーマ」「彼女には全シーンで違う衣装を着てもらうと決めていた」と語っていますし、もし水原の出演が実現しなかったらこの映画自体撮らなかったというほどの熱の入れよう。その成果は存分に発揮されていると言えます。

水原希子が見せるファッションも見どころ
水原希子が見せるファッションも見どころ

 クライマックスでは男たちの情けなさが大爆発。「こてんぱんにフラれる経験をすることによって男は成長する」というテーマが語られますが、「成長するって、幸せなことばかりなんだろうか…?」というほろ苦さも感じさせてくれるのが奥深いところ。奥田民生本人は登場しませんが、その楽曲はコーロキの心情を反映するように劇中で効果的に使われています。

(『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は9月16日から公開)

(C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会