あれから20年、あの4人がオリジナル・キャストで再結集!『T2 トレインスポッティング』

1996年に公開され、世界中に旋風を巻き起こしたイギリス発の青春映画『トレインスポッティング』。監督のダニー・ボイルと主演のユアン・マクレガーを一躍有名にしたあの映画の、20年後を描く続編が登場。しかもオリジナル・メンバーが再び顔を揃えているのです。前作ではスコットランド、エディンバラを舞台に、4人のジャンキーたちの奔放すぎる青春を描いていたのですが、あれから20年。若かった彼らも中年になり、それなりの事情を抱えています。その再会は果たしてどうなるのか…?

麻薬の取引に成功した後、仲間と山分けするはずだった大金を持ち逃げしたレントン(マクレガー)。オランダに住んでいた彼が20年ぶりに故郷に帰ってくることで物語が動き始めます。彼の不在中に母親は他界し、父親だけが実家で暮らしていました。青春を過ごした自分の部屋で思いにふけるレントン。

彼が真っ先に会いに行ったスパッド(ユエン・ブレムナー)はいまだヤクと手が切れず、家族にも愛想をつかされ、絶望して自殺を試みていたところで、間一髪間に合って一命はとりとめます。シックボーイことサイモン(ジョニー・リー・ミラー)は表向きは叔母から譲り受けたパブを経営していますが、裏ではブルガリアから来た若い恋人ベロニカ(アンジェラ・ネディヤコバ)と組んで、売春まがいの行為で客を強請るという裏稼業を続けています。ベグビー(ロバート・カーライル)は、その血の気の多さが災いして、酒場の喧嘩で人を殺し服役中。いまだにレントンのことを恨んでいる彼は脱走に成功。レントンへの復讐に向けて動き出します。サイモンはそんなベグビーの動きを知りながらも、レントンと共同で事業を始めることを計画、表面上は昔通りの付き合いを続けるのですが…。

ドラマ内の経過時間と、実際に過ぎ去った歳月が同じというのがポイント。年齢は重ねても、いまだ大人になり切れないダメ男たちの繰り広げる物語が、ユーモアをまじえて描かれていきます。たとえ前作を観ていなくても、「ワケあり男たちの再会のドラマ」として独立して楽しめるようになっているのはボイル監督の巧みなところですが、もちろん前作を観ていた方がはるかに胸にしみるのは確実。街角に佇む中年男レントンの前を、若き日の彼らが駆け抜けていく映像など、前作からの引用が随所に登場し、観客の心を「あの頃」に呼び戻してくれるのです。それぞれが過ごした「歳月」を感じさせる演出は、キャラクター・ドラマとしてさらなる奥行を見せてくれます。

スタッフやキャストは可能な限りオリジナル・メンバーを再招集。主演の4人だけでなく、かつてレントンと付き合っていたダイアン(ケリー・マクドナルド)や、スパッドのパートナー、ゲイル(シャーリー・アンダーソン)も再登場。しかし、男どもが当時の昔話やサッカーの話で盛り上がりバカ騒ぎをしているのとは対照的に、ゲイルは子供もいるスパッドをあっさりと見限り、ダイアンは弁護士として颯爽と働いています。一人だけ若い新登場のベロニカの存在感も含め、過去しか見ない男たちに対する、前を見て歩んでいる女たちという図式が描かれているのですね。

ところで、この映画の中で一番印象的なのは、レントンが語る「選択」についての長セリフ。そこにこそボイル監督が言いたかったことが詰まっているのではないでしょうか。「いま」という時代を生きていること。そこで何をしているか。それは、すべてこれまでの自分が“選んできた”ことの結果なのです。「未来を選べ」――かつてそう言って選んだ“未来”がここにあります。

もちろん、96年版の映画が人気を集めた理由の一つでもある音楽も最高のノリで期待に応えてくれます。前作で一躍脚光を浴びたイギー・ポップのあの曲もいい場面で登場。アンダーワールドの「ボーン・スリッピー」は「スロー・スリッピー」に形を変えて演奏されるのです。

(『T2 トレインスポッティング』は4月8日から公開)