人間の裏の顔、心の闇をえぐり出す貫井徳郎・原作の衝撃のミステリー『愚行録』

 冒頭、移動するカメラが一台のバスに乗り合わせた乗客たちを映し出し、そこでのささやかなドラマが描き出されていきます。ほんのわずかな時間ですが、画面には緊張感がみなぎり、田中武志(妻夫木聡)という主人公の人物像を浮き彫りにする、見事な導入部です。実はこの主人公、貫井徳郎の原作小説「愚行録」では一切描写がありません。原作の彼はあくまでも聞き手であり、小説は彼の取材対象となった人々の証言のみによって構成されるという、凝った形式の作品なのです。それを映画化するにあたって、観客に主人公の存在を印象づける必要があるわけで、“つかみ”としてはこのオープニング、かなり出色の出来。

 さて、その田中が向かっていたのは刑務所でした。彼の妹・光子(満島ひかり)が育児放棄の疑いで逮捕されていたのです。子供の頃に別れた父親から虐待を受け、兄妹二人で助け合って生きてきた田中と光子。しかしシングルマザーとなった光子が産んだ3歳の娘は、衰弱しきっていてまだ意識が戻っていません…。

 週刊誌の記者である田中は、妹の問題を忘れるためにも、ある未解決事件の取材に没頭していきます。それは1年前に起きた一家惨殺事件。エリートサラリーマンの夫と専業主婦の妻、ともに一流大学を卒業し、可愛い一人娘もいる、絵に描いたように幸せな一家はなぜ殺されねばならなかったのか? 田中は関係者たちへの聞き込みを開始します。

 夫・田向浩樹(小出恵介)の職場の同僚・渡辺正人(眞島秀和)、妻・友季恵(松本若菜)の大学の同級生で現在はハーブ専門カフェを経営している宮村淳子(臼田あさ美)、やはり友季恵や淳子の同級生でかつて淳子の恋人だった尾形孝之(中村倫也)、大学時代の浩樹と付き合っていた稲村恵美(市川由衣)。それぞれが語る証言から浮かび上がる被害者たちの素顔とは…?

 ジャンル的には、いわゆるミステリーなのですが、論理的な推理によって犯人を探していくタイプの作品ではありません。事件の陰に隠された人間模様、人間の持つ“闇”や“裏”の本性の部分がえぐり出されていく映画なのです。出演者たちそれぞれのナチュラルな好演によって描かれるのは、タイトルにもある「愚行」。

 証言者たちの回想で、被害者の浩樹と友季恵それぞれの過去が明らかにされていきます。職場での火遊びの相手となった新入社員の女性に対する仕打ち、名門大学内(小説では実名ですが、映画は仮名になっています)の残酷な学内カースト、就職活動を有利にするための打算的恋愛…その中で嫉妬や羨望が渦巻き、同時に保身や自己正当化のための駆け引きも行なわれている。そこには意図的な悪意があれば、まったく無意識の、まさに「愚行」としか言えないものも存在するのです。そしてそれは、聞き役の田中すら例外ではありません…。

 原作は、まだ「イヤミス」という言葉ができる前に発表されたその先駆けとも言える作品(直木賞候補にもなった)なので、観終わって爽快な気分になる類のものではありません。しかし、心にずっしりと重いものを残す見ごたえある映画です。監督は、これが長編映画デビューになる石川慶。あのロマン・ポランスキーが学んだポーランド国立映画大学で演出を学んだという新鋭で、撮影にもポーランド人のピオトル・ニエイミスキを起用。日本映画とは一味違った渇いたトーンの映像を作り上げています(グレーディングもポーランドで行なったそうです)。冒頭の映像の斬新さも含め、新たなる才能の登場に今後の活躍を期待したいもの。映像化不可能と思われた原作を巧みに脚色した向井康介(『聖の青春』)の力量も称賛に値します。

(『愚行録』は2月18日から公開)

(C)2017「愚行録」製作委員会