綾野剛主演・園子温監督の『新宿スワン』が帰って来た! 今度は新宿VS横浜で戦争が勃発!

和久井健の人気コミックを映画化した『新宿スワン』(15)のヒットを受け、その続編が製作されました。主演はもちろん綾野剛。監督を引き続き園子温が手がけています。

前作の人間関係をかなり引きずった部分がありますが、特に説明もなく始まりますので、前作をおさらいしつつ、あらすじをご紹介。金も仕事もなく歌舞伎町をさまよっていた白鳥龍彦(綾野)は、真虎(伊勢谷友介)に拾われ、彼が幹部をつとめる会社・バーストでスカウトマンとして働きはじめます。クラブ「ムーランルージュ」のママ・涼子(山田優)、風俗嬢のアゲハ(沢尻エリカ)らとの出会いを経て、スカウトマンとして成長し、「自分の関わった女性には幸せになってもらいたい」という想いを強くする龍彦。しかし、ドラッグの売買を通じてのし上がろうとする南秀吉(山田孝之)との対立が激化し、男同士の対決でいったんは決着するものの、秀吉は何者かに射殺されてしまいました。ここまでが前作。

続編は、秀吉の謎の死から1年が経過した時点から始まります。ライバル会社・ハーレムを吸収したことで新宿を仕切っているバースト。しかしスカウトマンの数が増えたことで女の取り合いが起き、この飽和状態を解消すべく、社長の山城(豊原功補)は横浜進出を計画します。全日本酒販連合会の会長・住友(椎名桔平)が横浜に大規模店舗を出店するという情報を掴み、勝算ありと考えたのです。横浜に派遣されたのは、龍彦と武闘派の幹部・関(深水元基)のチーム。しかし横浜は、ヤクザや警察とも裏で繋がる滝マサキ(浅野忠信)率いるウィザードに支配されている土地でした。孤立無援の戦いを強いられる龍彦たち。しかもウィザードは逆に新宿上陸を画策。こうして新宿VS横浜の抗争が始まってしまいます。

この戦いの中、龍彦とかつての同僚で今は無断でバーストを辞めて行方不明になっている洋介(久保田悠来)との友情、昔は仲間だった関と滝の愛憎入り混じった因縁などが語られていきます。バーストの幹部・葉山(金子ノブアキ)は相変わらず不審な動きをしていますし、今回は新たに渋谷のスカウトマン・森長千里(上地雄輔)が助っ人として、神奈川の裏社会の重鎮として宝来会会長・田坂(中野英雄)が登場。複雑な人間関係の中で、相変わらず馬鹿が付くほど純情で真っ直ぐな龍彦が傷だらけになりながら奮闘していくのです。

原作がマンガですから、「たかがスカウトマンが繁華街を仕切っているの?」「歌舞伎町を歩いている女性はみんなホステス予備軍?」「決着をつける方法が常に素手での殴る蹴るのタイマン勝負」というかなりぶっ飛んだ設定ばかりですが、そこさえ納得して観られれば、男たちの意地が火花を散らす熱いドラマが堪能できます。『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』『ラブ&ピース』など衝撃的な作品を作り続けている園子温監督は、このシリーズでは脚本にタッチせず、演出家に専念。彼の強烈な個性がストーリー作りに反映されていない分、逆に演出家としての確かな力量を示す結果になっているのです。さらに今作にはアクション監督として『るろうに剣心』シリーズで知られる谷垣健治が参戦。バトルシーンの迫力は前作をはるかに凌駕しています。綾野も体当たりで、崩落する巨大看板から脱出するシーンや本牧埠頭倉庫でのアクションシーンなどをスタントを使わず大熱演しているのです。

今回のヒロイン格のマユミに扮するのは広瀬アリス。借金に追われている設定ですが、前作のような暗さがなく、希望に満ちた描き方にされているのが印象的。彼女だけではなく、今回は「女たちの戦い」の面もクローズアップされていて、クライマックスの華やかなシーンでは、その登場のタイミングの細かい部分にまで園監督がこだわったという、ケレン味あふれる演出が楽しめます。

(『新宿スワン2』は1月21日から公開)※実際の2はローマ数字です

(c)2017 「新宿スワン2」製作委員会