戦後何年経っても語り継がなければならない”時代”がある『この世界の片隅に』昭和20年、広島・呉…

 本作でアニメ声優初主演を果たす女優のん(旧芸名:能年玲奈)に話題が集まりがちですが、それを抜きにしても必見の映画です。原作は、こうの史代の同名コミックス。連載中から注目を浴び、メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をはじめ、あちこちのランキングで1位を獲得した作品です。

 子供のころからぼーっとした性格ながら絵を描くことが大好きなすずさんに縁談が持ち込まれたのは昭和19年2月、彼女が18歳の時。良いも悪いも決められないまま話は進み、すずさんは広島から軍港の町・呉にお嫁にいきます。見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作(声:細谷佳正)の妻となったすずさんの日々が始まりました。折しも戦争の真っ最中。物資が次第に欠乏し、配給もままならなくなる中、すずさんは工夫をこらして食事を揃え、衣服を仕立て直し、日々の生活を前向きに過ごそうとします。しかし戦況はますます悪化。昭和20年になると、呉の軍港を目標に空襲が繰り返されるようになります。そして、ついに悲劇が彼女たちを襲うのです…。

 この作品で描かれているのは「日常」です。戦争が激化し、物資が不足しても人々は生活していかねばなりません。ジャンルで言えば“戦争もの”なのですが、戦場の様子は描かれることなく、内地での庶民の暮らしを映画は追いかけていきます。そんな意味で、これは貴重な「庶民目線による文化史料」としての面も持っているのです。脚本・監督の片淵須直(『マイマイ新子と千年の魔法』)は舞台となる場所、時代や風俗について徹底的なリサーチを行ないました。たとえば呉に入港した戦艦大和をすずさんたちが見るシーンでは、大和の行動記録からその日を特定。日付がわかったことで当日の天候や気温なども調べ、その日の空気を画面上にもたらすことに成功しています。また、幼き日のすずさんが訪れる広島の中島本町(爆心地に近く、現在は平和記念公園になっています)についても、昭和8年当時の様子を再現することに時間をかけました。何度も現地を訪れて資料を探し、写真の存在しないものは当時を知る方々にお話を伺い、イラストを描いては記憶と照らし合わせて描き直すという試行錯誤の結果、記憶の中にだけしか存在しない街並みを描き出すことに成功したのです(さらに言えば、この場面で街を行きかう人々の中には、お話を伺った方々の記憶に残る彼らのご家族の姿も描かれているそうです)。

 我々は歴史を知っています。何年何月に戦争が始まり、いつ原爆が落とされ、いつ戦争が終わったか、どれだけの人が亡くなったかは“記録”として知ることができます。しかし晴れた空に突然爆撃機の編隊が姿を現した時の驚きや、目の前を機銃掃射の銃弾が通り過ぎたり爆弾が落ちてくるという恐怖感は知ることができません。実際に人々がどんな気持ちで“あの時代”を生きてきたのかも想像するしかないのです。現実に戦後70年を超え、実体験を語り継ぐ人もどんどん減っていくという現在にあって、こうした戦時下の暮らしをリアルに描いた作品こそが必要なのだと思います。そしてこれは未来への遺産として何年経っても語り継がれていくべき物語だと信じます。

 厳しい状況のもとでも明るく、笑顔を忘れずに一日一日を大事に生きていこうとしたすずさんたち。しかしそんな彼女たちにも試練は容赦なく襲いかかり、大切なものを奪っていくのです。戦争が庶民のささやかな幸せすら踏みにじっていく姿に涙が止まらなくなりますが、ただ悲しいだけではなく、さらなる希望、明日への夢も語りかけてくるのがこの映画の素晴らしいところ。ラスト近くで語られる、タイトルである『この世界の片隅に』という言葉の意味をかみしめてください。

(付記)

遊郭で働く女性・リンや水兵になったすずさんの同級生・水原哲をめぐるエピソードなど印象深いシーンもありますが、そこはぜひ劇場で。コトリンゴの担当した音楽や歌も胸に沁みます。

(『この世界の片隅に』は11月12日から公開)

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会