カンヌを騒然とさせた話題作『サウルの息子』あなたはホロコーストの目撃者になる!

最近は珍しくなったスタンダード・サイズの画面が、ピントの合っていない、ぼんやりとした風景を映し出しています。そこに突然ひとりの男が接近してくると、カメラは彼の顔に焦点を当て、彼を追い続けていくことになります。男の名はサウル。ハンガリー系のユダヤ人。そしてこの場所は、1944年10月のアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所なのです。

2015年のカンヌ映画祭で大きな話題を集め、無名の新人監督のデビュー作ながらコンペティション部門でグランプリ(審査員賞)を受賞した作品、それがこの『サウルの息子』です。何といっても注目されたのは、その特異な演出スタイル。カメラは主人公サウルの側を離れることなく、時に彼の背中に張り付き、時に彼の顔をクローズアップしながら、その行動をワンシーン=ワンショットの技法で撮り続けていきます。手持ちカメラ独特の画面の揺れが臨場感を感じさせ、現実に我々が主人公の傍らにいるような気持ちにさせてくれるのです。そして、そこに描かれるものはナチスのユダヤ人収容所の現実です。

映画の冒頭に説明が入りますが、サウルの仕事は「ゾンダーコマンド」。これはナチスが収容者の中から“役に立つ”と判断して選抜した特殊部隊で、主な任務は死体の処理。同胞たちをシャワー室への案内と偽ってガス室へ誘導し、殺戮が行なわれた後は黙々と床を清掃、死体を運び出して焼却し、灰を近くの川に捨てるのが日常です。

カメラはサウルと共に移動し、彼の側を離れません。したがって彼が見ていないものを見ることはできません。しかしそれゆえに、彼が閉ざしたドアの向こうで聞こえる阿鼻叫喚や、次第に小さくなる壁を叩く音などで、今どんな悲劇が起きているのかを容易に感じることができるようになっています。見せないことによって観客の想像力を刺激する効果をあげているのですね。

ある日、サウルはガス室で奇跡的に生き残った少年を発見します。ナチスの軍医はサウルの目の前で情け容赦なく少年を殺しますが、サウルはその遺体を勝手に盗み出してしまいます。彼はなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を見つけ出し、ユダヤ教の教義にのっとった正当な追悼の祈りを捧げてもらい、少年を手厚く埋葬してやろうと考えたのです(ユダヤ教では火葬は死者が復活できないとして禁じられているから)。ラビを探して収容所の中を奔走するサウル。仲間には少年のことを「息子だ」と説明しますが、彼らはサウルを諭します。「お前には息子はいないじゃないか」と。そんな中、ゾンダーコマンドたちの間で武装蜂起と脱走の計画が極秘裡に進められていました…。

監督はハンガリー出身で、祖先を実際にナチスのホロコーストで失っている38歳のユダヤ人ネメシュ・ラースロー。「観客を強制収容所の真っ只中へ連れて行きたい」という狙いは見事に成功しています。描かれるのはサウルの2日間。彼がラビの姿を求めて収容所内を駆け回る姿に同行することによって、我々は収容所の内情を目の当たりにするのです。ナチス親衛隊によって日常の光景として繰り広げられる殺戮や残虐行為の数々。それも決して俯瞰で客観的に描かれることなく、あくまでもサウルの周辺で起きていることだけを見せつけられることで、より身近なものとして感じられるようになっています。

ゾンダーコマンドとしての仕事を人間の感情を押し殺すことによってこなし、生き延びることだけを考えてきたサウルは、少年の死に立ち会ったことで人間としてのモラルを取り戻していきます。それは数限りなく非業の死を遂げたユダヤ人の子供たちへの贖罪だったのでしょうか。極限状態の中での人間の尊厳を描いた作品として心に残ります。

サウルを演じたのはプロの俳優ではなく、ニューヨーク在住の作家で詩人のルーリグ・ゲーザ。表情を派手に表に出すことはなく、しかしその中に深い思索を感じさせる佇まいが印象的でした。

(付記)

ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞しました。さらにアカデミー外国語映画賞も受賞!

(『サウルの息子』は1月23日から公開)