人気コミック『バクマン。』が映画化。合言葉は「友情」「努力」「勝利」!

 原作は大場つぐみ(原作)・小畑健(漫画)という『DEATH NOTE』コンビが「週刊少年ジャンプ」に連載した人気コミック。少年ジャンプでの連載を目指し、さらに人気トップの漫画家への夢を追う若者たちの姿を、そのジャンプ自体を実名で出して同誌に掲載するというメタフィクション的な描き方が話題を集め、さらに知られざる週刊漫画誌の裏側も教えてくれる興味深い題材でした。その映画化に挑んだのは、映画界でも有数のマンガ読みとして知られる『モテキ』の大根仁監督。

 オープニングではテンポよく少年ジャンプの歴史を紹介。歴代の人気漫画が次々と登場し、画面を駆け抜けていくさまは、まさに圧巻! ナレーション原稿は、もちろん大根監督の筆によるもので、観客を一気に物語の世界に引き込んでくれます。

 ストーリーは、高い画力を持つサイコーこと真城最高(佐藤健)と、巧みな文章を書くことができるシュージンこと高木秋人(神木隆之介)の高校生二人がコンビを組んで漫画家となり、少年ジャンプの頂点を目指すというもの。そこに、サイコーと同様に声優になる夢を追う同級生・小豆美保(小松菜奈)との恋や、新妻エイジ(染谷将太)らライバル漫画家たちとの人間模様が絡んでいきます。

 注目すべきは、映画ならではのダイナミックな演出を取り入れたこと。もともと「漫画家が机に向かって漫画を描く」ことがメインの話ですから、絵面が地味になりがちです。漫画ならばキャラクターの心理描写を吹き出しに入れることで、なんとかドラマチックに持っていくことも可能ですが、映画でそれをやるとモノローグだらけになってしまいます。そこでこの映画が用いたのは、大胆なCGやプロジェクション・マッピングの導入、そしてペンを剣に見立てての殺陣でした。サイコーが筆を走らせるごとに、彼の背後の真っ白い壁に漫画のキャラクターが生き生きと浮かび上がり、躍動していく。やがてそれはサイコー&シュージンとエイジの、迫力のバトルへと姿を変えていきます。その迫力は、まさにアクション映画を彷彿とさせるもの。漫画では描けない、映画でしか味わえない見せ場となっているのです。ところで佐藤と神木といえば、『るろうに剣心/京都大火編・伝説の最期編』で共演(対決)していますが、キャスティングされたのは、この『バクマン。』の方が前なのです。彼らの身体能力の高さは、このシーンからもうかがえますね。

 ちなみにこの「漫画家が描くことでキャラクターが動き出す」という描写は、実際に原稿を執筆中の漫画家の脳内で起こっていることを映像で再現したものなのだとか。描いている時は、文字通り漫画の世界の中に入り込んでしまっているそうです。

 コミックス20巻にも及ぶ原作を約2時間の映画にするにあたって脚本にはそうとう苦労したそうで、2年以上の歳月が費やされました。必要だったのは、単に原作のストーリーをカットするだけではなくて、再構築すること。そのため、彼らがペンネーム(亜城木夢叶=あしろぎ・むと)を名乗らない、アシスタントがいない、もうひとりのヒロインとも言える香耶が登場しない、といった変更点があります(それぞれに納得のいく理由がありますが…)。中でも印象的だったのは、少年ジャンプがキーワードとして掲げる「友情」「努力」「勝利」が原作以上にはっきりと前面に押し出されていることでした。

 もともと原作は「ジャンプの頂点に立つ」ことを目標にしています。したがって「面白い漫画を描く」こと以外にも「どうすれば読者に受けるか」=「アンケートの上位に入れるか」ということが話のポイントになり、それを実現させるための駆け引きや戦略がかなり重視されて描かれているのですね。アニメ化の実現やコミックスの部数を気にしたりという生臭い話も…。このあたりはいかにも『DEATH NOTE』の作者らしい面白さなのですが、このままでは映画的ではありません。そこで脚色も担当した大根監督は、『バクマン。』の原型とも言える藤子不二雄の「まんが道」に登場するトキワ荘での、やはり敬愛する漫画家ちばてつやのエピソードを絡め、映画ならではのクライマックスを作り上げたのです。

 それによって、本来はライバル同士でもある漫画家たちが、相手の危機に駆けつけて団結するという、きわめて少年漫画的な熱い展開となりました。まさに「友情」「努力」「勝利」! ストレートで王道な青春映画の味わいは、原作とはまたひと味違った爽やかなもの。映像のマジックを感じさせてくれる一本です。

(『バクマン。』は10月3日から公開)