シリーズ/リメイク映画最前線(2015年初夏)――4 『アナ雪』『トイ・ストーリー』も続編が決定!

第1回:今年見られるシリーズ映画

第2回:シリーズ/続編情報(1)

第3回:リメイク/リブート映画情報

続編映画の追加情報です。まずはディズニーやピクサーのアニメの続編製作決定のニュースから。

〇『アナと雪の女王』

全世界で大ヒット、映画のその後を描いた短編『エルサのサプライズ』が『シンデレラ』の併映作として公開中の『アナと雪の女王』。通常、ディズニー・アニメ(ピクサー作品は除く)は続編を作る場合もビデオ作品となることが多く(『美女と野獣』『アラジン』など)、劇場用長編として製作されるケースはまれなのですが、やはり続編製作が正式に決定しました。監督は前作と同じクリス・バックとジェニファー・リー。主要キャストも続投すると見られています。ディズニー・アニメは完成までに時間がかかるので、まだ公開予定日は明らかにされていませんが…。

〇『トイ・ストーリー』

そのピクサーの大ヒットシリーズ、『トイ・ストーリー』は4作目の製作が始動。日本でも2017年の7月15日に公開される予定になっています。ウッディやバズたちとアンディ少年の物語は『トイ・ストーリー3』(10)で完結しているのですが、今度の新作はそれからさらに7年の月日が流れた時点での物語になります。シリーズの生みの親であるジョン・ラセターは「もうやらないつもりだったけど、新しいアイディアが出てきたので作ることにした」と語り、『トイ・ストーリー2』(99)以来の監督復帰となります。

〇『ファインディング・ニモ』

ピクサーはその前に、『ファインディング・ニモ』(03)の続編『ファインディング・ドリー』を公開します。日本では2016年7月16日公開予定。今回の主役は、健忘症という欠点はあるけれど愉快なキャラのナンヨウハギのドリー(声:エレン・デジェネレス)。ある日突然、自分の家族のことを思い出した彼女は、懐かしい家族に会いに行こうとしますが…。今度はマーリン(アルバート・ブルックス)がドリーを助けることになります。新たにダイアン・キートンも声の出演で登場。監督は前作と同じアンドリュー・スタントンが、アンガス・マクレーンと共同で手がけます。

ちなみにピクサーでは、『Mr.インクレディブル2』『カーズ3』も企画進行中とのことです。

〇『ダ・ヴィンチ・コード』

トム・ハンクスがラングドン教授を演じたダン・ブラウン原作の人気シリーズ。映画では『ダ・ヴィンチ・コード』(06)『天使と悪魔』(09)と続きましたが、しばらく間を開けての第3弾『インフェルノ』が現在撮影中です。今回の舞台はフィレンツェ。ダンテの「神曲」を描いたボッティチェルリの絵画にまつわるミステリーが描かれます。原作の刊行順ですと「ロスト・シンボル」なのですが、フリーメイソンをめぐる話ということで映画化は難しいと判断されたのでしょうか? 監督はもちろんロン・ハワード。共演は『博士と彼女のセオリー』のフェリシティー・ジョーンズ、『最強のふたり』のオマール・シーら。2016年10月14日、全米公開予定。

〇『ズーランダー』

ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンが共演し、スティラーが監督も兼任したコメディー『ズーランダー』(01)の続編『ズーランダー2』も撮影中。15年ぶりの続編ということになります。二人が人気モデルに扮し、ファッション業界が舞台ということで、この映画の製作発表もファッションショーに二人がサプライズ登場するという形で行なわれました。前作も豪華なゲスト出演者が話題になりましたが、今作でもウィル・フェレル(前作にも出演)の他、ペネロピ・クルス、ジャスティン・ビーバー、カニエ・ウェストなどの面々が出演しています。2016年2月12日、全米公開予定。

なお、プロデューサーとしてのベン・スティラーには、『スペース・ジャム』『ドッジボール』の続編の企画もあります。

〇『ムカデ人間』

人間の口と肛門を繋げて「ムカデ人間」にする、という衝撃的な内容で話題を集め、無名の日本人俳優主演作にも関わらず、2009年製作の第1作『ムカデ人間』は2011年に日本公開されスマッシュ・ヒット。『ムカデ人間2』(11)も翌年日本公開されました。1本目では繋げられる人間は3人だったのですが、「2」では12人となり、この8月22日から日本公開が決定した『ムカデ人間3』では、その数なんと500人! 刑務所一つ分の囚人をまるごと繋げてしまうという狂気の計画が実行されます。「1」で「ムカデの先頭」を演じた北村昭博の他、前2作のキャストが顔を揃えているのにも注目。

〇『インデペンデンス・デイ』

『ID4』としても知られる96年の大ヒット作。ローランド・エメリッヒ監督のエイリアン侵略SFは何度も続編の話が出ては消え、特にエメリッヒの前作『ホワイトハウス・ダウン』が全米でいまひとつの成績しかあげられなかったこともあって続行が危惧されていました。しかし、仮題の『IDフォーエバー』を正式に『インデペンデンス・デイ2』と変えて本格的に始動。2016年6月24日の全米公開を目指して準備に入りました。前作から20年近く経っているので、次世代の話になるようで、ビル・プルマンが扮するウィットモア大統領の息子役で『ハンガー・ゲーム』のリーアム・ヘムズワースが出演。今回は登場しないウィル・スミスの息子という設定で新人ジェシー・アッシャーが抜擢されました。ほかにジェフ・ゴールドブラム、シャルロット・ゲンズブール、ジョーイ・キングなどが出演。ちなみにこの作品、最終的には三部作にする予定になっています。

〇『スノーホワイト』

これはちょっとややこしい事情があって、続編のタイトルは『ハンツマン(The Huntsman)』になりました。もともとは『スノーホワイト(Snow White and the Huntsman)』のパート2を撮ることになっていたのですが、主演のスノーホワイト役クリステン・スチュアートが出演を拒否。やむなくクリス・ヘムズワース扮する狩人を主人公にして、白雪姫のキャラクターを登場させないということになったのです。現在撮影中で、全米公開は2016年4月22日予定。なんとシャーリーズ・セロンが再登場。他にもジェシカ・チャステイン、エミリー・ブラントが共演し、悪女のそろい踏みとなる模様。脚本にフランク・ダラボンが参加しているのも楽しみです。彼が映画の脚本を書くのは『ミスト』(07)以来のこと!

TVでリメイクされる映画の情報はこちらに