ついに完結、興奮のクライマックスを見逃すな!『るろうに剣心 伝説の最期編』

予想通り大ヒットを記録した『京都大火編』の興奮冷めやらぬ間に、完結編にあたる『伝説の最期編』が公開される『るろうに剣心』。

まずは気になるそのストーリーから…。志々雄真実(藤原竜也)一派との戦いの中、海に転落した薫(武井咲)を救おうと荒れ狂う海中に飛び込んだ緋村剣心(佐藤健)。意識を失い、浜辺に打ち上げられた彼を拾い上げたのは、剣の師匠である比古清十郎(福山雅治)でした。「今の自分では志々雄を倒せない…」命を捨てても志々雄の野望を砕こうと決意した剣心は、清十郎に飛天御剣流の奥義を伝授してくれるよう懇願します。一方、浦賀沖に姿を現した志々雄の戦艦・煉獄は砲撃で新政府を恫喝、剣心を政府の手によって捕らえ、公開処刑するように命じます。相楽左之助(青木崇高)らは剣心の無事を信じて東京へ。一方、奥義を習得した剣心も東京へ向かいますが、その前に、彼を倒して最強の称号を得ようという執念に取りつかれた四乃森蒼紫(伊勢谷友介)が立ちはだかったのです…。

前作の後半からかなりオリジナルな展開を見せ始めた物語は、ここに来てほとんど原作を離れています。また、どんどん話を広げていき、息をもつかせぬ展開を見せた前作とは違い、今回は終局に向かって話が収斂されていくわけですから、どうしても重々しい空気に包まれざるを得ません。「命を賭ける」とは、「生きる」とは、「希望」とは、「未来」とは…、という問いかけが常になされ、単なる娯楽アクションを越えたメッセージが伝わってくるのです。その中で剣心は「不殺の誓い」を守りぬくことはできるのか? 主人公・緋村剣心を演じる佐藤健は、第1作にあった軽さ(「おろ?」という例のあれですね)をほとんど見せることはないのですが、その瞳に悲痛なまでの決意・悔恨・闘志をにじませる熱演で、もはや完全に剣心その人になりきっていることがわかります。実際、今回は登場人物たちがおのれの感情を爆発させるシーンが多く、それぞれの心の叫びが観客に突き刺さってくるのです。

もちろん見どころであるアクションは今回も健在。特に前作では一対一のバトルが少なかった剣心が、師匠との修行に続き、蒼紫、瀬田宗次郎(神木隆之介)、志々雄といった面々と対決するシーンは、それぞれに違った趣向がこらされ、目が離せません。カメラマンも対象と共に走り、跳ぶ、めまぐるしいばかりのカメラワーク。単なる殺陣を越え、限界まで転び、倒れ、疾走する肉体。一瞬で勝敗を決する、かつての時代劇とは一線を画した新次元のアクションが堪能できるのです。俳優たちに要求されたスタミナや、現場でのカメラワークの苦労がしのばれるわけでもありますが…。

前作では消化不良の感があった左之助も、今回はようやく活躍、悠久山安慈(丸山智己)との肉弾戦バトルが展開されるのです。しかし原作とは違い、この二人、過去における接点のまったくないまま対決の時を迎えていますので、「二重の極み」は登場しないまま。彼のみならず、十本刀の面々は全体的に影が薄く、名前すら呼んでもらえない方々もいるので、原作ファンはその点にはご注意を(時間の関係もあるのでしょうが、そのまま登場させたらマンガチックになりすぎてしまいますからね…)。

ともあれ、原作の精神を活かしながらも原作の描写に縛られ過ぎることのない一級エンターテインメントを目指す、という方向性はしっかりと貫かれています。合成や特撮シーンにやや粗さも感じられましたが、ハリウッドに負けないアクション映画の完成を祝いたいと思います。いやホント、前編の2時間20分に続いて後編も2時間15分と長い映画ですが、観ながら「このまま終わらないでずっと続いてくれないかな…」と感じていたのは事実ですから。

(付記)

さらなる続編についても気になるところですよね。『京都』の冒頭と、今回の回想シーンで登場する、顔を見せない女性の存在が気にかかるところですが…。

(『るろうに剣心 伝説の最期編』は9月13日から公開)

『るろうに剣心 京都大火編』レビューはこちら