ハリウッド・エンディングに挑戦した男 ~フランク・ダラボンとスティーヴン・キング『ミスト』の問題~

 最初にご注意。この文章では2007年の映画『ミスト』および原作小説「霧」のラストについて触れています。まだ未見の方は、DVD等で鑑賞してから読まれることをお勧めしておきます。

 スティーヴン・キングの小説の映画化と言えば、数少ない例外(『キャリー』『スタンド・バイ・ミー』)を除いては改変・改悪が当たり前で(なにしろ、ご本人が自ら監督した『地獄のデビル・トラック』にしてからにトホホな出来でしたから)、もはや誰も期待していなかった頃に登場したのがフランク・ダラボン監督の『ショーシャンクの空に』でした。原作(「刑務所のリタ・ヘイワース」)に忠実でありながら、映画的ダイナミズムも併せ持った佳品は批評家や観客に愛され、「EMPIRE」誌が選んだ映画オールタイム・ベストではなんと数多の名作を抑えて1位を獲得しています。続く『グリーンマイル』もヒットし、キング原作=ダラボン監督のコンビは映画ファン安心のブランドとなっていた、そんなダラボンが満を持して発表したのが『ミスト』でした。

 まずはいつものように映画の解説から。激しい嵐が町を襲った翌朝、主人公デヴィッドは8歳の息子を連れてスーパーマーケットへ買い物に行きます。しばらくすると周囲に不穏な雰囲気が立ち込め、白い霧がマーケットを覆い尽くしてしまいます。「霧の中に何かがいる!」そう絶叫しながら店に駆け込んでくる血まみれの男も。やがて、本当に霧の中から不気味な化け物が次々と出現し、店の中に立てこもった人々を次々に襲ってくるのでした…。

 恐怖のポイントは2点。まずは霧の中から出現する怪物たちです。あるものは軟体動物風、あるものは昆虫風と、まるで悪夢の中に出てくるような奇怪なデザインの、生理的に嫌悪感を催すような怪物が次から次へと出てくるのですから。ちなみに原作者のスティーヴン・キングは大の蜘蛛嫌い。したがって蜘蛛のようなモンスターはひときわ不気味に描写されています。もうひとつは、閉じ込められた人間たちの心理描写。一団の中には狂信的な女性ミセス・カーモディがいて、これがハルマゲドンの始まりだ、と唱えます。最初は冷ややかな目で見ていた生存者たちが、追いつめられるにつれて彼女に同調していき、ついには幼い子供を生け贄に捧げようとさえしてしまう展開にはぞっとしました。あえてスター俳優を使わず、デヴィッドにトーマス・ジェーン、カーモディにマーシャ・ゲイ・ハーデンと、地味ながら実力派のキャストを起用しているのも、物語に迫真性を与えています。

 さて、問題はラストです(ここからネタバレです。注意!)。原作版では、デヴィッドが息子や彼に同調したわずかな者たちとマーケットを脱出し、車で走り去るところで終わっています。霧は一向に晴れる様子もなく、どこまで広がっているのかもわからない。世界は終わってしまったのか? という含みを残しながらも、一片の希望を残した終わり方でした。

 しかし、映画版は「その先」に踏み込んでいます。車の燃料は尽き、周囲からは異様な物音が迫る中、デヴィッドたちは決断を迫られます。「このまま奴らに食われるよりは…」彼らが下した結論は、自決。デヴィッドは息子や仲間を射殺、弾がなくなったため、死を覚悟して外に飛び出しました。その時彼が見たものは…? なんと火炎放射器や自走砲で怪物たちを退治している軍隊、そして次第に晴れゆく霧の彼方には、最初の方で彼の制止も聞かずに店の外に飛び出した人々が避難民と共にいる姿も見えました。デヴィッドにできるのは、ただ絶叫することだけ…。

 どうです? 見事なまでのバッド・エンドでしょう? この変更は脚本も担当したダラボン監督のアイディア。これを聞かされたキングは「衝撃的な結末」と絶賛しましたが、あまりと言えばあんまりな展開に一般のファンの間では賛否両論。「真のホラー映画」と褒める人がいれば、「後味が悪すぎる」と否定する人も存在します。

 ではなぜ、このエンディングが人々の拒絶反応を呼び起こすのでしょうか? ここで他の映画の場合を考えてみましょう。例えば『ダイ・ハード』や『007』シリーズなどのアクション映画を。追いつめられた主人公は、とっさの判断で手近にあったものを使って反撃したり、目の前の穴に飛び込んだりします。そしてその選択は大抵の場合正しく、主人公を救い、悪を倒してくれます。しかしこの『ミスト』で行なわれたことは、その真逆なのです。デヴィッドが良かれと思い、自分の家族や友人を救おうとして下した決断は、すべて間違っています。彼に従った者たちは例外なく悲惨な末路を迎えてしまうのです。さらに、撮影スケジュールが理由で実現しませんでしたが、ダラボンはラストでデヴィッドが見る生存者の中に、彼と喧嘩別れした隣人や、マーケットに残った人々なども登場させたかったそうです。つまり「デヴィッドを信じた者は死に、信じなかった者だけが生き残った」と言いたかったのですね。この徹底ぶり! 『ミスト』こそは、「主人公の行動は常に正しい」というハリウッドの公式に真っ向から「NO!」を突きつけた映画だったのです。

 原作が大変よくできた小説ですから、そのまま映画化してもそれなりの傑作になったはずの『ミスト』。しかしこの付け加えられたラストのおかげで、心に刺さったトゲのように一種忘れられない強い印象を残した作品になったではないでしょうか。それこそが、反対意見が多数出ることも覚悟の上でダラボンが目指したものなのだと思います。

(付記)

この映画の発表後、ダラボンは劇場用の映画を撮っていません。彼は2010年からTVシリーズの「ウォーキング・デッド」を製作。ゾンビがうろつきまわる世界でのサバイバルを描き、今までのTVの常識を超えた物語を展開中です。