ジュゼッペ・トルナトーレが仕掛けた謎をあなたは解けるか? 『鑑定士と顔のない依頼人』

『ニュー・シネマ・パラダイス』で知られるジュゼッペ・トルナトーレ監督が才人であることは、今さら言うまでもないことです。若かりし日の彼はその才能を鼻にかけるようなところがあったのですが、近年の彼には円熟味が出てきて巨匠の風格さえ漂うようになってきました。この『鑑定士と顔のない依頼人』もそんな一編。

 ミステリーなので、あまりストーリーの細部には触れられませんが、主人公のキャラクターだけは説明しておきましょう。ヴァ―ジル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は世界的なオークショニアにして鑑定士。彼の神のごとき審美眼と豊かな知識、そして天性の鋭い勘は美術品の真贋をたちどころに見抜き、一流オークションからのオファーが絶えません。しかし一方で人間が苦手。独身で友人もなく、高級ホテルのような住居に一人暮らし。携帯電話は持たず、食事もレストランで一人でとります。自分専用の食器を使い、食事中も手袋を外さない徹底ぶり。そんな彼の密かな楽しみは、自宅の隠し部屋の壁一面に飾られた女性の肖像画を眺めることでした。このコレクションのため、自分の気に入った肖像画があると、相棒のビリー(ドナルド・サザーランド)にわざと法外に安い値段で落札させるように仕組んだりしています。

 この孤独で偏屈な男に持ち込まれた奇妙な依頼。それは広大な屋敷に残された家具や絵画を鑑定してほしいというものでしたが、なぜか依頼人の女性は部屋に閉じこもったままで決してヴァ―ジルの前に姿を現そうとはしないのです……。依頼人の正体は? 彼女が顔を見せない理由は? そして抑えきれない好奇心から彼女の顔を見たいと思った男が陥る運命とは…?

 ジェフリー・ラッシュが素晴らしい演技を見せます。美術品にしか興味のなかった、ある意味では「心のなかった男」が、初めて自分以外の人間に興味を抱き、次第に恋愛感情で心が揺れていくさまを見事に表現しています。ひとりの男の哀しい人生を数日間のドラマの中で体現してみせたのは、さすが名優の演技力です。もちろん、トルナトーレの演出もお見事。主人公ヴァ―ジルの心の揺れを観客の視線と巧みにシンクロさせながら、少しずつ発見される歴史的美術品の欠片、目に見えるあらゆることを記憶している女性、贋作に関する薀蓄など、意味ありげなピースを散りばめ、観客を知的迷宮の中に誘っていくのです。物語の真相を知った上でもう一度観直すと、「そうか! あそこはこういう意味だったのか」と新たな発見があるはず。細部まで気を配られた美術や衣装、そして巨匠エンニオ・モリコーネによる重厚で華麗な音楽も魅力的。本国イタリアで大ヒットし、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品など6部門に輝いたのも納得の出来栄えです。

(『鑑定士と顔のない依頼人』は12月13日から公開)