八木景子

初めて“捕鯨問題”を海外へ発信した映画監督・ジャーナリスト
東京生まれ。ハリウッド・メジャー映画会社の日本支社勤務後、自身の会社「合同会社八木フィルム」を設立。タブー視されていた捕鯨問題を扱った初監督作品『ビハインド・ザ・コーヴ』は、自費400万円を投じ撮影/編集/監督を一人で担当。さらには作品の宣伝、配給まで自ら行っている。2015年に世界8大映画祭の一つであるモントリオール世界映画祭に正式出品された他、多くの映画祭で様々な賞を受賞している。また、ワシントンポストをはじめとするニューヨークタイムズ、ロサンゼルスタイムズなど海外の数多くの大手メディアに取り上げられている。日本ドキュメンタリー映画としては珍しく多様な言語に翻訳され世界中へ配信されている。

記事一覧

1~4/4件 年月で絞り込む

2019年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2018年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

前へ

  • 1

次へ

1~4/4件