PS5のボイスチャット録音・通報機能にPS4ユーザー“監視”と不満 「嫌がらせ対策」が誤解

プレイステーション5=SIE提供

 家庭用ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」で14日にシステムバージョンアップがあり、それに連動して新型ゲーム機「プレイステーション5(PS5)」のボイスチャット録音と、そのデータをソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)に送信・通報できる機能が、一部のユーザーから「監視だ」などと不満のターゲットになっています。しかし調べてみると誤解のようです。

 発端は、PS4のシステムバージョンアップ(8.00)です。バージョンアップ後、以下のような文章が表示されました。

PlayStation Networkがどなたにとっても楽しいものとなるよう、コミュニティー行動規範を定めています。

パーティーのボイスチャットは録音され、他のユーザーが報告に使用することがあります。ボイスチャットに参加することは、あなたのご自身の音声が録音されることに同意したものとみなします。

コミュニティー行動規範に違反する行為が報告された場合、PlayStationセーフティーは違反に該当する行為であったか、録音された音声を確認します。

録音された音声は、PlayStationセーフティーが違反行為の確認を行う目的のみで使用されます。

出典:PS4

 ボイスチャットの録音はPS5の機能で、PS4にはありません。しかし、PS5・PS4間でもボイスチャットができるため、PS4もPS5に対応するためシステムを変える必要があり、だから少しややこしい話になります。なお「PlayStationセーフティー」は、トラブルの受付窓口のことです。

 PS4で上記のメッセージを見た一部の利用者は、ボイスチャットが勝手に録音されて、SIEに自動的に送られると思っている節があります。しかし、ボイスチャットの音声データは、自動的にSIEに送られるわけではなく、ボイスチャットでトラブルがあったときにユーザーが任意で送信できるものです。むしろ「悪意あるユーザーからの嫌がらせ対策」で、普通に使うユーザーには関係のない話です。

 録音機能搭載の背景には、ボイスチャットを巡り、ユーザー間のトラブルが発生していることがあります。ボイスチャットを使うと、どうしても一部の心無い利用者から、ハラスメント(嫌がらせ)や罵詈雑言などがあります。当然、言われた人はメーカーに苦情を訴えます。ところが、録音データがないと当事者間で「言った」「言わない」の世界になるわけです。ですが今回の録音機能があれば、ボイスチャットの発言で問題が発生したときに、証拠が押さえられるわけです。自動車の「あおり運転」に対抗するドライブレコーダーのようなものでしょうか。

 逆に言えば、今後はボイスチャットで相手へ著しい配慮を欠いた発言をしていると、何らかのペナルティーを受ける可能性があると言えますし、今までは、悪意のある人が「証拠がない」と言い張れば逃げきれていた……とも言えます。1人でプレーするゲームであれば何を言おうが自由ですが、オンラインであれば相手がいる以上、一定の配慮は当然で、実社会と変わりません。

 今回の発表は、ボイスチャットのトラブル封じという施策のためですが、それが裏目に出た形です。相手の同意を取らない録音は、法的にもトラブルになりやすい面がありますから、ユーザー全員に同意を求める必要が出るわけですが、その言い方も誤解のタネになったように見受けられます。

 SIEの立場としては「録音の同意」を取りたいわけで、この手の文章はリーガル(法)が関連するでしょうから、抽象的な物言いにならざるを得ませんから仕方ない面もあります。ただ、結果として説明不足にはなります。そのため、受け取る(ユーザー)側に想像の余地を残してしまいました。また同時期にシステムトラブルも起きたため、余計に怒りの矛先が向いたことも想像がつきます。

 PS5のボイスチャットの録音機能ですが、送付はユーザーの任意ですから、仲間内の何気ないジョーク、下ネタがSIEに聞かれるわけではありません。ボイスチャットの録音機能がトラブル抑止になると良いのですが。逆に、第三者に悪意の言葉を投げかけて、“憂さ晴らし”をしていたような人には脅威となるでしょう。

 ユーザーの不安の声を受けて、プレイステーションブログでは、次の一文が追加されていました。

2020年10月15日(木)追記

このたびのアップデートに伴い、パーティーの安全性においてボイスチャットが録音される可能性がある旨の通知をユーザーの皆さんにお届けしました。PlayStation5では、ユーザーの皆さんがモデレーション審査用に、ボイスチャットの録音をSIEに送信できる機能がご利用いただけます。現在PlayStation4上で皆さんにお届けしている通知は、PS5発売後にPS4ユーザーがPS5ユーザーとのボイスチャットに参加した際、PS5ユーザー側が録音したボイスチャットをSIEに送信される可能性があるということをお知らせするものです。

出典:PlayStation.Blog

 録音機能は、PS5のユーザーに利点はあっても、PS4のユーザーに直接的な利点がない話ということも、反発を招いたのかもしれません。ただし間接的には、抑止効果でボイスチャットの問題発言が減ることは予想できますから、決してメリットがゼロではないと思うのですよね。

 ネットでのコミュニケーションは、テキスト(文章)からボイスチャット(音声)に移行する流れになっています。特に若い世代ではその流れが強いですね。そしてボイスチャットで、相手への配慮を欠いた発言は、PS4に限ったことではありません。「他山の石」としたいところです。

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

有料ニュースの定期購読

河村鳴紘の「記事も鳴かずば撃たれまい」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
ゲームやマンガ、アニメなどサブカル分野を取材すること20年以上。現場から経営までの取材経験を元に、取材側から見える視点、今だから明かせる昔話、業界の矛盾などに切り込みます。ネット向け記事を執筆して多くの話題を提供した実体験を元に、記事を作る上での“仕掛け”なども明かします。記事の制作が効率優先のお手軽になりつつある現状を勝手に憂いつつ、情報の発信方法に悩む皆様の“助け船”になれば幸いです。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    朝ドラ『エール』の空気を一変させた『絶対零度』役者のすごさ堀井憲一郎10/28(水) 19:20
  2. 2
    「鬼滅の刃実写化」 ツイッターでトレンド入りも否定的反応 なぜ?河村鳴紘10/28(水) 10:00
  3. 3
    意外?「鬼滅の刃」人気投票 1位は炭治郎ではなく……岡田有花10/26(月) 16:23
  4. 4
    「PS4 Pro」の日本の出荷9月に終了していた PS5の生産強化のため河村鳴紘10/28(水) 15:52
  5. 5
    【戦国こぼれ話】敗者は復活するのか!苦難を耐えしのいだ真田家の生活とは!渡邊大門10/28(水) 8:38
  6. 6
    ネタバレ込で語る劇場版「鬼滅の刃」無限列車編:絶妙すぎる3つのポイント小新井涼10/26(月) 7:30
  7. 7
    「愛の不時着」ダン役の女優ソ・ジヘ 韓国人気番組で素顔を大公開 「ビールマニア」などギャップが話題に吉崎エイジーニョ10/28(水) 16:00
  8. 8
    【「麒麟がくる」コラム】ついに登場した浅井長政。近江浅井氏の出自や歴史とは!渡邊大門10/27(火) 10:04
  9. 9
    藤井聡太七段(現二冠)三間飛車採用の羽生善治九段を破って銀河戦6連勝で勝ち残り決勝トーナメント進出松本博文10/26(月) 15:48
  10. 10
    “不屈の”『長岡米百俵フェス』開催 長岡から全国に勇気と笑顔を届ける田中久勝10/28(水) 17:10