マイクロソフトの「廉価版」新型ゲーム機 低価格でPS5の“刺客”になれるか

新型ゲーム機Xbox SX(左)と廉価版のXbox SS=MS提供

 マイクロソフト(MS)は、新型ゲーム機「Xbox Series X(Xbox SX)」(499ドル、4万9980円)の廉価版「Xbox Series S(Xbox SS)」(299ドル、3万2980円)を11月10日に発売すると発表しました。新たな試みとなる後者は、価格を武器に、ソニーの新型ゲーム機「プレイステーション5(PS5)」の“刺客”になるでしょうか。

◇低価格を強みに

 MSは、自社のゲーム機「Xbox」シリーズで、ソニーの「プレイステーション」シリーズと2001年以降、競争を繰り広げています。現行機の争いでは、PS4が1億1000万台を突破したのに対し、Xbox Oneは5000万台に届いてないとされています。MSは、現在、Xbox Oneの出荷数を発表していませんが、相当の差をつけられ「比較されたくない」と告白したようなものです。

 Xbox Oneの敗因ですが、その理由の一つに、PS4より100ドル高かった価格があります。だからビジネスの視点では、Xbox SXが価格の対策をしてくるとは予想できたわけですが、いきなり200ドル安い廉価版を出すという、思い切った手を出すあたり、ゲームビジネスへの意気込みを感じます。そしてXbox SSがPS5に対する、価格での“刺客”であることは明白です。

 Xbox SSですが、まとめると「次世代のゲーム体験を、コンパクトなサイズ(Xboxシリーズで最小)、求めやすい価格で買える」……という触れ込みです。PS5の価格が発表されてないので判断は尚早とはいえ、任天堂のゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」(299.99ドル)より安い価格は、確かに「売り」にはなります。

◇中途半端な商品になる可能性も

 ポイントは、Xbox SSが、Xbox SXより性能面で劣るのは仕方ないにしても、ライトユーザーに気にならない程度なのか、どこまで遜色(そんしょく)なく遊べるかです。新型ゲーム機の売りの一つはグラフィックですが、ゲーム業界の関係者やコアユーザーが見て区別がついても、ライトユーザーが区別がつかないほどの高品質なレベルであれば、売れる可能性はあるでしょう。それだけ低い価格はアドバンテージがあります。

 いずれにしても、Xbox SSのコストパフォーマンスの評価は、実際にゲーム機を触って初めて分かることです。11月10日になれば、両機を体験した上で比較する記事が出て、購入者の感想がネットにはあふれるでしょう。そこでXbox SSに厳しい評価が下れば、「中途半端な商品」として忘れ去られることになるでしょう。

 ですがMSとしては、Xbox SSには過度の期待はせず、価格を重視した商品を出して、消費者の選択肢を増やすなど、打てる手は打っておく……という感じではないでしょうか。なぜならMSが売りたい本命は高性能・高単価のXbox SXです。

◇自社製品の脅威になる?

 ですが、おかしなこともあります。Xbox SSが、低価格とは思えないほどコストパフォーマンスに優れ、ライバルであるPS5を脅かすほど売れたとして、それはXbox SXの脅威になることを意味します。商品の生産のバランスは、売れる方にシフトチェンジすればいいわけです。しかし、MSはこれまでゲームの高性能化に力を入れてきた“哲学”があり、廉価版のヒットは、戦略の修正を迫られるわけです。

 任天堂もソニーも、ゲーム機の量産効果、不要な機能の削除による価格値下げはしてきたことですし、それは戦略的に理解できます。しかし今回のMSのように、最初からゲーム機自体のスペックを落とす廉価版を並べて出すというのは、メインの商品(Xbox SX)を否定するような矛盾を感じるのは確かです。後々、斬新な戦略として受け止められるのか、そうでないのか。いずれにしても大胆な挑戦であるのは間違いないし、「なりふり構わず」というMSの本気と捉えることもできます。

 ちなみにMSの2020年6月期の通期決算は、クラウド事業の好調もあり、売上高が約15兆円、純利益は4.7兆円です。ソニーの2020年3月期の通期決算の売上高は約8兆円です。MSがソニーと正面から戦える数少ない企業なのですね。

 ともあれ、熱心なゲームファンで、新商品を先に買う「アーリーアダプター」は、高くとも高性能のXbox SXを買い求めるでしょう。そんな中でXbox SSが、どのような売れ方をするかです。ライバルのソニーが慌てるぐらいの“刺客”になれば、無料ゲームでにぎわうスマートフォンに押されっぱなしの家庭用ゲーム機が、活気づきそうです。

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

有料ニュースの定期購読

河村鳴紘の「記事も鳴かずば撃たれまい」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
ゲームやマンガ、アニメなどサブカル分野を取材すること20年以上。現場から経営までの取材経験を元に、取材側から見える視点、今だから明かせる昔話、業界の矛盾などに切り込みます。ネット向け記事を執筆して多くの話題を提供した実体験を元に、記事を作る上での“仕掛け”なども明かします。記事の制作が効率優先のお手軽になりつつある現状を勝手に憂いつつ、情報の発信方法に悩む皆様の“助け船”になれば幸いです。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「『死ね』というツッコミはしない」。漫才でもコントでもない「ジャルジャル」というジャンル中西正男9/27(日) 13:29
  2. 2
    PS5の予想価格がメッチャ高かったのはなぜ 399ドルは「安すぎる」か「妥当」か河村鳴紘9/27(日) 10:00
  3. 3
    録再率が鍵を握る『半沢直樹』ラストの視聴率~35%超も不可能じゃない!?~鈴木祐司9/27(日) 19:22
  4. 4
    『半沢直樹』の人気は「悪」にある。 様式美を高視聴率につなげるその巧みな仕組み堀井憲一郎9/27(日) 17:03
  5. 5
    82歳でオスカー最有力。アンソニー・ホプキンスが演じる認知症の恐怖がリアルな理由清藤秀人9/27(日) 15:44
  6. 6
    松井玲奈 主演ドラマ『30禁』が好評 役者、作家として“表現すること”に向き合う日々田中久勝9/27(日) 13:10
  7. 7
    【「麒麟がくる」コラム】流浪生活を送った足利義昭!本当に義昭が頼りたかったのは誰だ!?渡邊大門9/27(日) 10:04
  8. 8
    福田麻由子が『蒲田前奏曲』に出演。名子役からバイトも経験して「1周回ってまた頑張りたいと思いました」斉藤貴志9/26(土) 10:30
  9. 9
    仲邑菫初段が大阪から東京に移籍すると何が変わるのか内藤由起子9/27(日) 8:00
  10. 10
    コロナ禍だからこそ…“ミュージカル界の女王”花總まりがコメディー初挑戦島田薫9/26(土) 12:06