「PS5」ディスク不要のデジタル・エディション 中古ゲーム市場に与える影響は

プレイステーション5=SIE提供

 ソニーの新型ゲーム機「プレイステーション5」の本体デザインを公開し、2タイプの商品を発表しました。従来のゲーム機と同じディスクドライブを装備した「スタンダードモデル」と、ディスクドライブがない「デジタル・エディション」です。

◇大胆なコストカット 中古ゲーム対策にも

 デジタル・エディションは、ディスクドライブがないためパッケージのゲームソフトが使えません。従ってダウンロード販売になります。ドライブに使うコストがカットできるので、PS5の最低価格は下がると予想されます。PS5の発表時のスペックを見て、4~5万円で出せるの?と疑問視していましたから、この大胆なコストカットの手法は見事です。

 一方で、ダウンロードしたソフトは、消費者が購入したソフトを中古市場に売却できないと見るのが順当です。ダウンロードソフトの価格は、販売コストも抑えられることから、パッケージソフトよりも安価に設定されるのが普通です。

 学生は特にそうですが、ソフトのお金を捻出するため、中古ゲームは手段として活用されています。ゲームをクリアした後に中古ゲーム店で売却し、次の新作ソフトの原資にする人にとっては、ダウンロード版は歓迎できないのは、その通りでしょう。多くのゲームを遊び、いかに安く遊ぶかの効率から言えば、デジタル・エディションは割高になります。

 そういう意味から見れば、デジタル・エディションは、中古ゲーム対策になっており、中古市場に影響を与える“刺客”という見方も成り立ちます。しかし、中古市場がなくなるとは考えづらいところです。ファミコンなど多くのゲーム機はレトロゲームとして、いまだに売買されています。一定規模の消費者が求める以上、その市場が消えることはありません。

◇ダウンロード販売の比率は増加の流れ

 とはいえ、中古ゲームがメーカーの敵とも限りません。玩具店などゲームを扱う店が減る中で、ゲーム好きの子供の情報拠点になる中古ゲーム店には、価値があるのもまた確かです。そして、PS5が2種類から選べる以上、中古ゲームの利用を考える人はスタンダードモデルを選択するでしょう。

 もちろんメーカーの本音としては、商品の欠品がなく、利益率の高いダウンロードソフトがメインに売れてほしいというのは、指摘するまでもありません。期間限定の値下げをしたり、価格を一手にコントロールできる面もあります。店頭で売ってないインディーズゲームをダウンロード販売していますし、中には100円でセールをすることもあります。既に中古ゲーム市場への“刺客”は放たれていると言っても良いかもしれません。

 そもそも、新型コロナウイルスの感染拡大で、ダウンロードのゲーム販売が伸びている実績があります。感染前、ゲームソフト全体の売り上げに対するダウンロード販売の比率は2~3割でした。しかし今年の1~3月の各ゲーム会社の決算を見ると5割前後、中には7割というケースもありました。多少の揺り戻しはあるかもしれませんが、ダウンロード販売に慣れてしまえば、そのまま定着する可能性も十分にあります。

◇中古ゲーム裁判の敗訴をバネに市場拡大

 2002年に判決の出た中古ゲーム裁判を取材した経験から言えば、裁判当時、ゲーム会社は中古ゲーム市場へ強い嫌悪感を持っていたのは確かで、だからこそ裁判を起こしたわけです。その論理は、自分たちが作ったゲームなのに、中古で売買されても直接の利益にならない……というものでした。結果として、ゲーム会社は裁判に敗れ、中古ゲームは合法となりました。

 しかし、その後ゲーム会社は、ネット認証の必要なオンラインゲームを推進したり、追加コンテンツの配信、アイテムコードの配信を駆使して、中古市場にゲームソフトが流れない工夫をします。そして裁判で勝ったはずのゲーム販売店は苦戦し、それを埋めるかのようにオンライン販売が伸びていきます。

 スマホゲームの流れも、ゲーム機を売るハードメーカーはさておき、ソフトメーカーにとっては、ソフトが中古に流れないから、歓迎できたでしょう。その結果、ゲーム市場は世界で15兆円(2019年)を超える巨大市場に成長しました。中古ゲーム裁判で負けたことが、業界の成長につながっているようにみえるのが興味深いところでもあります。

 2種類のPS5のうち、パッケージ派とダウンロード派、どちらに軍配があがるのか。注目したいところです。

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

有料ニュースの定期購読

河村鳴紘の「記事も鳴かずば撃たれまい」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
ゲームやマンガ、アニメなどサブカル分野を取材すること20年以上。現場から経営までの取材経験を元に、取材側から見える視点、今だから明かせる昔話、業界の矛盾などに切り込みます。ネット向け記事を執筆して多くの話題を提供した実体験を元に、記事を作る上での“仕掛け”なども明かします。記事の制作が効率優先のお手軽になりつつある現状を勝手に憂いつつ、情報の発信方法に悩む皆様の“助け船”になれば幸いです。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    コンピュータ将棋が6億手読むとはどういうことか? 最強将棋ソフト開発者・杉村達也さん(33)に聞く松本博文7/4(土) 18:00
  2. 2
    企画成立屋・勝俣州和が「ファン0人」でもテレビに出続ける理由ラリー遠田7/4(土) 5:00
  3. 3
    “AV界の演技派”川上奈々美が『東京の恋人』に主演。「神経質でも濡れ場から自分を解放できるように」斉藤貴志7/4(土) 10:00
  4. 4
    「ベースボール」「ファミスタ」「パワプロ」 野球ゲーム進化の歴史河村鳴紘7/4(土) 10:00
  5. 5
    出川哲朗が「抱かれたくない男」から「好感度芸人」に生まれ変わった理由ラリー遠田7/3(金) 5:01
  6. 6
    『鬼滅の刃』に見る、永く醜く続けるよりも濃く短く散るという思想飯田一史7/3(金) 13:00
  7. 7
    神童・藤井聡太七段(17)パーフェクトゲームで王位戦第1局勝利 木村一基王位(47)の粘りを押し切る松本博文7/2(木) 21:37
  8. 8
    瑛人「香水」はなぜ異例のヒットとなったのか? その成功が持つインパクトとは柴那典6/29(月) 7:00
  9. 9
    「特別総集編」で再確認したい、ドラマ『半沢直樹』の魅力とは!?碓井広義7/4(土) 19:15
  10. 10
    ”人種差別者”ジョン・ウェインの名前が空港から撤去されるべき理由猿渡由紀7/3(金) 7:00