モンハン「アイスボーン」出荷数を大胆予想【前編】本編「ワールド」のクリア率高く 売上「ホット」確実

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のパッケージアート

 世界で1300万本超を出荷したカプコンの人気ゲーム「モンスターハンター:ワールド」の超大型拡張コンテンツ「モンスターハンターワールド:アイスボーン」が6日に発売されます。ワールドクラスのコンテンツだけに、どのくらい売れるかでも注目なので、大胆に「アイスボーン」のダウンロード数を含む出荷数を予想してみました。

 「モンスターハンター」シリーズは、大森林や砂漠などを舞台に巨大なモンスターと戦うアクションゲームで、最大4人の通信協力プレーが楽しめるのがミソです。「モンスターハンターポータブル 2nd G」(PSP)は、ゲームをする若者があちこちの店で長時間居座るなど社会的な現象となりましたね(もう10年以上前の話)。18年1月に発売された「モンスターハンター:ワールド」は、久々の据え置き型ゲーム機向けにして映像を重視、欧米のプレーヤーが好むシステムにしたところ、予想を超える世界的な大ヒットとなりました。

 実は同作の発売前、ゲーム誌「ファミ通」の編集長などを務めた「Gzブレイン」の浜村弘一さんが「うまくすれば世界で1000万本が狙える」と予想しましたが、ネットの反応は「ありえない」という見方が大勢を占めていて、証券会社の担当者さえも否定的でした。私もロングテール的には可能にしても、発売から約半年での大台到達は予想外でした。PSP版のヒットもそうでしたが、社会的な現象を起こすクラスのヒット商品は、狙ってできることではありませんから、仕方のないことですね。

 さて追加コンテンツの「アイスボーン」を遊ぶには本編「ワールド」が必要になり、ゲーム1本分相当の価格(4800円)になっています。私もベータテストも遊んでみましたが、雪での戦いが楽しいのが印象的でした。ちなみにカプコンに「アイスボーンの予約数、目標数を教えて」と図々しく尋ねましたが、苦笑いされて教えてもらえませんでした。

 ◇

 さて「アイスボーン」がどれだけ売れるかの予想に入ります。同作は、本編「ワールド」をクリアしている人向けの、上級者向けコンテンツでして、本編「ワールド」を既に持つ人向けのダウンロード版と、「ワールド」を持ってない新規ユーザーを対象にしたセット版の2種類があります。分けて考える必要があるので、まず前者のケースを考えてみましょう。

 「アイスボーン」の数値を予想するためには、「ワールド」の(想定)販売数を出す必要があります。同社が発表した「ワールド」の出荷数(1300万本以上)は、メーカーが店に卸した数であって、実際にプレーヤーが購入した販売数ではありません。追加コンテンツのダウンロード版を買うのは、既に持っている人が主力ですからね。

 ゲームの販売数は、タイトルごとにばらつきがあるので予想が難しいのですが、初週の消化率(販売率)が6割で合格、7割で好調、8割だと絶好調で欠品の可能性……というのがゲームの営業担当の基準です。さすがに発売から1年以上が経過して売れ行きも落ち着いていますから、販売数は7~8割と見るのが妥当でしょう。

 ただし「ワールド」は、ネット販売も好調でして、ネット販売は「出荷=販売」になります。パッケージ版とダウンロード版の比率は、日本では9対1というレベルなのですが、海外になると話は変わり5対5になるケースもあるほどダウンロード販売が強いのです。カプコンによると「ワールド」の地域別売り上げで海外の割合は75%(日本は25%)で、かつダウンロード版が想定以上に売れたことも明かしています。一連の事情などを考慮して、販売数は出荷に対して強気に8割と想定します。すると販売数は1000万本超になります。

 ベースの数字から、続いて「アイスボーン」の予想ダウンロード数を割り出しましょう。ゲーム業界団体のCESA(東京都新宿区)が発行する「2019 CESAゲーム白書」によると、家庭用ゲーム機の追加ダウンロードコンテンツ購入の割合は、29.4%となっています。それを当てはめれば約300万本となります。「アイスボーン」は追加コンテンツですが、実質的にはソフトを買う感覚のため、この数値も上ブレする可能性が高いでしょう。

 もう一つのデータからも考えましょう。PS4にはプレーヤーのゲームのやり込み具合を表示する機能「トロフィー」があり、そこで「ワールド」のエンディングを迎えたプレーヤーの割合が約45%と表示されています。ゲームの難易度、他のゲームと比較しても「ワールド」のクリア率は高めでよく遊ばれていますね。そこから「アイスボーン」をすぐ遊べるプレーヤーの数は約450万人と推測できます。エンディングまで遊んだプレーヤーは、相応に買うと考えてよいでしょう。そこから8割が買えば約360万本、9割であれば約405万本となります。

 追加コンテンツにもかかわらず、人気シリーズの「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」の全盛期の国内出荷数に匹敵、もしくは上回るとんでもない数です。ゲーム会社が世界で勝負しようとすることが理解できますね。

 ちなみに大手ゲーム会社の営業経験者に「アイスボーン」の販売数を経験から予測してもらったところ「うーん、(新規を含めて)5割買えば十分だと思いますよ」との回答でした。ここでも上記の推測の数字と近いところに着地しますね。タイトルは「アイス」ですが、販売成績は「ホット」になりそうです。(明日掲載の後編に続く)

(C)CAPCOM CO., LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

有料ニュースの定期購読

河村鳴紘の「記事も鳴かずば撃たれまい」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
ゲームやマンガ、アニメなどサブカル分野を取材すること20年以上。現場から経営までの取材経験を元に、取材側から見える視点、今だから明かせる昔話、業界の矛盾などに切り込みます。ネット向け記事を執筆して多くの話題を提供した実体験を元に、記事を作る上での“仕掛け”なども明かします。記事の制作が効率優先のお手軽になりつつある現状を勝手に憂いつつ、情報の発信方法に悩む皆様の“助け船”になれば幸いです。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    藤井聡太二冠(18)順位戦通算34勝1敗! B級2組6回戦で強敵・村山慈明七段を押し切る松本博文10/22(木) 6:55
  2. 2
    映画『鬼滅の刃』規格外ヒットの背景 生み出された「プライスレス」な価値とは梅津文10/21(水) 13:37
  3. 3
    社会現象化する「鬼滅の刃」、目標は100億円から一気に200億円に!? その可能性と条件は?斉藤博昭10/22(木) 16:22
  4. 4
    『相棒』好調はテレ朝の致命傷!?~withコロナ時代に向けた修正が課題~鈴木祐司10/21(水) 18:06
  5. 5
    好調『危険なビーナス』で思い知る『半沢直樹』のスケール感鈴木祐司10/18(日) 8:30
  6. 6
    【戦国こぼれ話】政策は今も昔も大きな課題。織田信長の革新的な政策の謎に迫る。渡邊大門10/22(木) 9:40
  7. 7
    【戦国こぼれ話】今も昔も優秀な人材は不可欠!織田信長を支えた有能な家臣団のすべて!渡邊大門10/21(水) 10:16
  8. 8
    藤井聡太二冠(18)B級2組6回戦対局開始 作戦家・村山慈明七段(36)用意の横歩取りを受けて立つ 松本博文10/21(水) 13:52
  9. 9
    「満足したことはないし、これから先もない」。吉本実憂を衝き動かす、髪を30センチ切った日の思い中西正男10/22(木) 12:45
  10. 10
    将棋八大タイトル戦「叡王戦」メインスポンサーはドワンゴ社から他者に交替 10月29日に第6期詳細発表松本博文10/21(水) 0:15