<PS4>出荷数1億台突破の価値 PS3の反省生かし

家庭用ゲーム機「プレイステーション4 Pro」=SIE提供

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の世界累計出荷数が1億台を突破しました。発売から5年8カ月での達成です。さすがにピーク時(2016年度の2000万台)には届きませんが、昨年度(18年度)でも1780万台を売っており、今後も有力ソフトが発売されることから、さらに数字を積み上げるでしょう。

 これまでの同社の据え置き型ゲーム機の世界出荷数は、初代PSが約1億240万台、PS2が約1億5500万台、PS3が約8740万台でした。任天堂からゲーム業界の王座を奪った初代PS、DVD再生機としても人気だったPS2に比べて、PS3は前世代機と比べると出荷数は半分強に留まりました。ゲーマー目線で見れば、非常に革新的だったし、数字的にも「健闘した」といえるPS3ですが、経営視点では“失敗”といえます。SIEはそれを糧に、PS4で巻き返したといえます。しかもPS2を上回るペースで売れているのも特徴です。それだけにPS4の大台突破は、PSのブランド力を高め、今後発売される次世代機(PS5)にも弾みをつける上でも非常に価値があったといえるでしょう。

 2013年のPS4の発表時のインパクトは、メディア目線からすると、やや地味でした。PS3は性能はもちろん、東芝などと共同開発したCPU「CELL」を搭載しており、久多良木健さんというスターがプレゼンをする華々しいものでした。対してPS4は、美しい映像処理能力があることをあえて強く打ち出さず、代わりにゲームクリエーターへ向けてゲーム開発が容易になったことを強調しました。当時に取材をしたとき、PS3とPS4の性能比較も避けて(PS3発表時は比較をしていたのに)、同社の歯切れが悪かったのが印象的でした。そのためか、当時のニュースもPS4の位置付けと、その意義を解説するのに苦労していました。

 なぜPS4がクリエーター重視路線にしたのかといえば、PS3の苦戦の理由がソフト開発にあったからです。当時、ソフトメーカーからは「PS3は高性能だが開発しづらい。PS2よりもコストがかかりすぎる」とかなり不評でした。さらに言えば、PS3でソフトを作ると、他のゲーム機に展開するのが大変なため、その点も嫌われていました。SIEはその不満を受け止め、PS4はソフトの開発のしやすさを最優先に掲げたのです。そして今回の結果から分かる通り、その戦略は見事に的中したわけですね。

 また日本(14年2月発売)ではなく、北米(13年11月)を最初の発売地域に選ぶなど、巨大市場の北米を重視したのも正解でした。結果として、日本人好みのタイトルがなかなかそろわなかったこともあり、日本市場での普及は苦戦しましたが(それでも現段階で約823万台を販売=ファミ通調べ)、北米・欧州地域のゲーマーが好きなタイトルはしっかりそろい、発売当初から品薄になるほど売れていきました。また上位機種の「PS4 Pro」を展開し、世界のコアユーザーの要望にも応えたことも大きくプラスに働きました。

 PS4の次のポイントは、PS2の出荷数(1億5500万台)にどれだけ迫れるか、そして超えられるかでしょう。SIEは、PS4の後継機(PS5)の開発を発表済みですし、あと5000万台を積み上げるのは、かなり大変です。ただし、数字を伸ばす手があるのも事実です。ゲーム機を爆発的に普及させる「値下げ」という“切り札”を使うかも含めて、地域に合った販促を駆使しながら、どこまで新規ユーザーを増やせるかでしょう。

 元々PS4は、テレビの前に座ってゲームをじっくり遊ぶゲーマーをターゲットにしたゲーム機ですが、ここまで普及すれば、任天堂のように「ゲーム人口の拡大」と同じような戦略も必要になるでしょうね。同社のお手並み拝見です。

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

有料ニュースの定期購読

河村鳴紘の「記事も鳴かずば撃たれまい」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
ゲームやマンガ、アニメなどサブカル分野を取材すること20年以上。現場から経営までの取材経験を元に、取材側から見える視点、今だから明かせる昔話、業界の矛盾などに切り込みます。ネット向け記事を執筆して多くの話題を提供した実体験を元に、記事を作る上での“仕掛け”なども明かします。記事の制作が効率優先のお手軽になりつつある現状を勝手に憂いつつ、情報の発信方法に悩む皆様の“助け船”になれば幸いです。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    相方へのマジ謝罪。新型コロナウイルス禍で、新たな一歩を踏み出した「トータルテンボス」中西正男8/9(日) 12:30
  2. 2
    逃げない&一途な『半沢直樹』~堺雅人も視聴者も傾向が酷似!?~鈴木祐司8/9(日) 13:31
  3. 3
    「はっきりよくできる手がわからなかった」名人戦第5局終局後、豊島将之名人コメント全文松本博文8/9(日) 1:26
  4. 4
    本日夕方全国放送:まだみたことがない人にも触れてみて欲しい、映画「この世界の片隅に」小新井涼8/9(日) 7:00
  5. 5
    将棋の2日制のタイトル戦では2通の封じ手が作られるけれど、そこで違う手が書かれていたらどうなるのか?松本博文8/8(土) 17:42
  6. 6
    名人戦にAbemaTVトーナメント。七冠が集結した「将棋まつり」で輝いたのは?遠山雄亮8/9(日) 12:37
  7. 7
    「名人候補」渡辺明挑戦者(36)悲願の名人位獲得まであと1勝 熱闘の七番勝負第5局を制す松本博文8/8(土) 20:48
  8. 8
    「見た目の判断があまり通用しない将棋だった」名人戦第5局終局後、渡辺明挑戦者コメント全文松本博文8/8(土) 23:03
  9. 9
    ユニクロ「鬼滅」シャツ人気、発売日に一時完売も→メルカリで大量転売岡田有花8/7(金) 11:28
  10. 10
    南海キャンディーズ、今漫才やっても「ボロ負けする」中西正男2015/12/28(月) 11:56