震災への過剰な自粛が、地震ストレスを増大させる!ー「心の防災手帳」より

震度7を記録した14日夜以降、震度1以上の地震は600回を超えた。18日夜に阿蘇市や大分県竹田市、19日夕方には八代市で震度5強の揺れを観測した。熊本県内の避難者は、19日現在で約11万7000人。熊本市内では、エコノミークラス症候群により、車中泊していた女性が死亡。避難生活の長期化で震災関連死や、ストレス症状の顕在化が懸念される。

そこで「心の防災手帳」と称して、震災とストレスについてお話しようと思う。

震災のストレスは「ストレス状態がドミノ倒し」のように続いていくのが特徴である。

まず、基礎的な理解として、ストレスは「雨」と考えて欲しい。

ストレッサー(ストレスの原因)雲から落ちてきた雨に、心がびしょ濡れになる。今回の場合でいえば、「大地震」というまるでゲリラ豪雨のような激しい雨にびしょ濡れになった。

今後は(既に今も)家の問題、経済的問題、仕事の問題、大切な人の死、人間関係 etc,、次々と「ストレッサー雲」が雨をまき散らす。

最初の震災豪雨で、激しく心がびしょ濡れになっているので、ちょっとした雨でも疲弊する。

まるでドミノ倒しのように、ちょっと力が加わっただけでストレス状態が慢性化し、“心の復興”が遅れてしまうのである。

そこで重要となるのが、「心をいかに元の状態」に戻すか、である。いわゆる、ストレス対処、それを適切な時期に、適切なカタチでやっていくかが今後の心の状態の鍵をにぎる。

以下の表は、「心の防災手帳」と称して、まとめたものだ。(出演した番組で使った映像しか、ここにアップできなかったので見づらくて申し訳ない)

心の防災手帳 河合薫作成
心の防災手帳 河合薫作成

最初の第一段階の「急性期」(避難して3ヶ月後位まで)。

最初のストレス状態が起きるこの時期は、恐怖心、無力感、不安をもっとも感じるので、ストレスを発散がポイントとなる。心にたまった雨を吐き出し、元の状態に戻すのである。

既に、イベントなどの“過剰な自粛”が進んでいるが、これはもっとも間違った対応である。皮肉なことに、イベントなどの自粛が心の復興を遅らせるのだ。

「楽しい」というポジティブな感情が、心のへこみをもとに戻す。私たちが日常から非日常(=イベントなど)を経験するとストレス発散ができるように、被災者の方にもそのいった時間と空間が必要なのだ。

加えて、遊ぶ、運動する、といった遊戯も、効果的だ。これまでの調査でも、「子どもを遊ばせる」といった取り組みが、子たちの恐怖や不安の解消に役立ったことがわかっている。

「保育園児の散歩が不謹慎」と批判があったようだが、むしろこういったときだからこそ、散歩すべき。青空を見て、小鳥のさえずりを聞き、新緑の元で気持ちのいい空気を吸うことで、へこんだハートが少しだけふっくらする。また、声を出すのもストレス発散に役立つので、「大声コンテスト」などの企画もプラスとなる。

さらに、この時期は「無力感」に苛まれるため、誰かの役にたつ行動が大切である。是非ともボランティアなどに行かれた方は、「自分たちがやってあげる」のではなく、「一緒にやる」を実行して欲しい

「おじいちゃん、ちょっと手伝ってもらえませんか?」とか、「これをお願いします!」と仕事を頼むのがいい。

「おばあちゃん、これってどうしたらいいですかね?」といった具合に、おばあちゃんの知恵袋を借りるのも、無力感の解消に大いに役立つ。

もっとも注意していただきたいのが、「心のケアの押し売り」だ。たとえ善意であっても、ストレスの専門的な知識のない方が、心のケアに乗り出すのは得策ではない。ケアする人は、「被災した人たちは悲しくて、不安でたまらないだろう」とネガティブな感情の暴露を期待するが、人間の心というのは、実に複雑である。

とんでもなく悲しいときに、笑ってしまったり、ジョーダンを言ってしまったり。そういった言動は、人間の本能に宿る治癒力でもある。

ところが、「心のケア」と銘打った人たちがくると、悲しい顔をしなくちゃいけないんではないか? 困ったふりをしなければいけないんじゃないか? と、ネガティブな感情を演じなければいけないという「ストレス」にさらされる。

例えば、東日本大震災のときある地域では、震災から3カ月たったときに、ボランティアやメディアを一切シャットアウトして、カラオケ大会を開いた。

「○○町の◎◎太郎です。オヤジと弟が目の前で津波に流されていきました!兄弟舟歌います!」

「▲町の○×花子です。あそこの電信柱に、ジイさんがぶつかって死にました! 花、歌います!」

と、泣き笑いしながら大声歌った。

実にシュールで、誰にも見せられない内緒のカラオケ大会が、ストレス発散になったそうだ。

次の段階が「中期」(1~3年目ぐらいの時)。この時期は普通の生活に戻れず、喪失感(人・家財・地域)と向き合うことになり、不眠が続き、うつ傾向なども顕在化してくる、

自分の心身の状況にうまく向き合って、それに対処するのがとても重要で、ポイントは「一人きりで抱え込まない」こと。家族、友人、ボランティアなど、他者のサポートがとても重要になる。

被災者に関わる人は、「寄り添い」「見守り」「忘れない」の三原則を守って欲しい。降り続いているストレスの雨をしのぐ、“傘”の役目をすればいいのである。

また、中期には「つらい経験」を語るのも心の復興につながる。が、その一方で、経験がつらければつらいほど、「言いたくても言えない」といった状態に陥るので、関わった人たちは気長に見守り、ひとたび語りのきっかけを被災者の方が掴んだら、とにかくじっくりと耳を傾け、ただただうなづけばいい。

そして、何か声をかけたいと思ったら、'''心のそこから沸き立った言葉'を、'ストレートに伝えればいい。カッコいい言葉はいらない。過剰な気遣いもいらない。私自身、東日本大震災の一年後に、仮設を訪問したときに、「『がんばってください』と言ってはいけない」とわかっていながら、「がんばって」という言葉しかでなくて、つい言ってしまったことがあった。

そのとき「ありがとう。がんばってって言って欲しかった。本当にありがとう」と感謝された。大切なのは「言葉」ではなく、そのメッセージに込められた意味が、心の底から沸き立ったものかどうかだ。関わる人は真っ正面から向き合い、心の言葉を大事にしてほしい。

そのひとことが、次の段階の「長期」で、

ああ、あのときああ言ってくれた。うん、ふんばろう」と、被災した方の元気な力になるのである。

中期に上手く対処できないと、その後、PTSDの症状につながったり、長引くリスクが高まる。実際、阪神淡路大震災の15年目の調査で、半数の人たちが「PTSDハイリスク群」だった。特に「女性」の場合は、リスクが高いこともわかっている。

最後の段階「長期(3年目以降)」では、専門医の“傘”を借りて欲しい。これまでの知見から、PTSDの治療には「認知行動療法」の中の暴露法(Exposure)が最も多くの対照研究から、有効であることがわかっている。

震災ストレスはドミノ倒しなので、まずは今の時期である「急性期」に、雨を吐き出し、ヘコんだ心をもとに戻す取り組みを徹底して、中期、長期につながらないようにすることが肝心である。

最後に、個人的な話しになるが、私の両親は九州出身で、父が熊本、母や湯布院である。そのため親戚や知人も被災した。幸い自宅の倒壊などは免れたが、今も続いている余震で、不安な日々を送っている。

今回、私のできることとして、このコラムを書きました。少しでも役立てていただければ幸いである。自然災害はどこでもおきる。「心の防災手帳」として心の本棚に追加してください。